mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財政事情
2007年11月28日 (水) | 編集 |
平成3年、まだダーリンが大学生の時、
何かと気の回るダーリンママが、ダーリン名義で定額貯金を作ってくれた。
当時の利率は6.33%。
今では夢のような、平成で最も利率の高かった時代である。

10年後、平成13年に満期になったときに初めてその(貯金の)存在を知って驚愕した。
(どういうタイミングで聞いたかは忘れたが。)
ダーリン共々「これはなかったことにしよう」と、
満期のお知らせを握りしめて郵便局に行き、引き出さずにとっとと預け替えをした。
ちなみに平成13年の定額貯金の利率は0.08%。

かりに10万預けた場合、
定額貯金の金利が6.33%だと、10年後に受け取る額は169,190円。
定額貯金の金利が0.08%だと、10年後に受け取る額は100,642円。

きいいいいいっ。

普段は「なかったことにしている」貯金ではあるが、
今の通常貯金の金利が0.21%と考えるとこれはちょっと・・・。
「普通預金に入れとくほうがトク」ってことでしょ・・・?

というわけで保険証やら印鑑やらを握りしめて郵便局に行ったものの、
「本人でないとダメ」と言われてすごすごと引き返した。
で、ダーリンになんとか昼休みに抜け出してもらって先日行ったわけ。

現時点での定額貯金の金利は0.4%だった。
仮に10万預けた場合、10年後(平成29年)に受け取る額は103,255円。
うーむ・・・、まあまだマシか。

我が家はいろいろアホなことをしていて、
2002年頃の円安の時に外貨定期を作ってしまったりしている。
金利は高いものの、今引き出したら入れた額より少なくなる。
仕方ないので入れっぱなしにしておくしかない。
2002年っていったらまだユーロが110円だった時よ~。
あのとき、ドルじゃなくてユーロにしとけばよかったなー。
スポンサーサイト
38歳おめでとう♪
2007年11月21日 (水) | 編集 |
ずっといいペースで更新していたのに、
ぱたっと途絶えてしまった。反省反省。

18日はダーリンのお誕生日だったので、
事前にあれこれ仕込んでおいて、一日早い17日(土)の夜に、わーっと夜討ち。
(みたいな感じね・・・。)
当日はダーリンも何かしらの心の準備(?)があるだろうから、
あえて気がゆるんでいる前日に仕掛けたというわけ。

ダーリンは土曜の夕方はスポーツクラブに行くので、
その隙にいろいろと準備。

ディナーも(割と)豪勢に、ビーフシチューを作成。
やや高めの赤ワインをしこたま使ったが、
肉は牛薄切り肉をくるくると丸めて小麦粉でまぶしたもので、
「一見大きなかたまりに見える」というもの。
薄切り肉の方が仕上がりが柔らかくできるのでオススメ、
と、以前に何かで見たことがあったのだった。
実際、ホントに柔らかくて美味しかった!

もちろんケーキも事前に準備。
(ちなみにランス・ヤナギダテのケーキをお取り寄せしました)

お誕生日プレゼントはあれこれあれこれ・・・。
研究室で小腹がすいたときにつまむような小菓子(駄菓子?)を山ほど買って、
玄関にずらりと並べておいてみた。
インパクトはあるが、安上がりだなあ。

18日の日曜日はダーリンと岡山にお出かけした。
ダーリンが以前から行ってみたいと言っていた、「タンドール」へ。

通常の「ランチ」だとカレーとナンだけなのだが、それだとちょっと寂しいので、
私はカレーとナン、それにヨーグルトやサラダが付いた「レディースセット」、
ダーリンはそれ以外にもこまごまといろいろ付いた「スペシャルセット」に。
見た目はカレーもナンも少なそうに見えたのだが、ホントにおなか一杯!大満足!

ちなみにこの「タンドール」は、私がかつて二年間住んでいた広島県の西条にもある。
カレーと言っても結構高いので(しかも当時は学生だったし)、
私の中では「タンドール」というのは「高級店」で、
「滅多に行かれない、『ここぞ!』というときのお店」だった。

が、岡山のタンドールはなんだか妙に普通っぽかった。
ランチだって700円くらいだし。

「岡山は安くて量がないとダメなのよー。
どんなに手の込んだ美味しいもの作っても、
味はイマイチで安くて量が多い方にみんないっちゃうんだから」
と、以前よく行ったイタリアンレストランのマダムが言っていたのを思い出す。
(ちなみにこのお店はもうだいぶ前に店を畳んで三重県に行ってしまった)

帰宅してからはちょこっとお昼寝して、DVDを観たりしてのんびり。

まあこんな感じのお誕生日でございました。
「トクメイ」
2007年11月15日 (木) | 編集 |
私が利用している生協の宅配には、お洋服もある。
生協がお洋服を作っているわけではなく、他社とのタイアップ。
食品や日用品は注文すると次の週に届けられるが(ものによっては2週後)、
こういうタイアップ商品の場合は提携先の会社から宅配されるので、
次の週に来るとは限らない。
以前にやはりお洋服を買ったときにも、案外時間がかかったし。

先日カタログを見ていて、家で着るのにラクチンそうなお洋服があったので、
思わず注文。
まあ、冬対策ということであったかめの商品だったので、
そんなに急いで欲しいというわけでもない、
が、もう注文してから数週間経つのに未だやってこない。

そろそろ生協に問い合わせをした方がよいだろうか?


さてさて。

何年か前(10年近く前か)、どうしてもFaxを使う必要に迫られ、
それまでの「単なる電話機」から「Fax付き電話」へと買い換えた。
ちょうどそのころ、ナンバーディスプレイというものが出来ますよ、
と盛んにコマーシャルされていたので、
せっかくなら、ということで、我が家の電話機は一応ナンバーディスプレイ対応である。

が、ナンバーディスプレイを表示させるには、
月々の基本使用料に加えてナンバーディスプレイ料金が必要。
ケータイでは当たり前のように着信時に番号が出ることを考えると、
有料にするほどの技術とは思えないんだけどねえ。

イマドキの電話機はもっと進んでいるのだろうが、
我が家の電話機はそんなわけでナンバーディスプレイに関しては極初期型である。
なので、電話が鳴った場合、相手の電話番号が表示されるか、
あるいは電話機に登録している相手の名前(家族のみ)が出るか、
「トクメイ」あるいは「コウシュウデンワ」と表示される。
(らしいが、今のところ「コウシュウデンワ」を見たことはない)

今調べてみると、最近の電話は留守中にかかってきた電話でも、ちゃんと番号が記録されるらしい。
ウチの電話は鳴ったときにしか表示されないので、
受話器を取ってしまったらもう表示されないし、記録も残らない。
もちろん留守中にかかってきた電話の記録も残らない。

電話代が実質、月8円である我が家としては(つまり月に一回かけるくらい)
電話そのものの存在価値が低いし、
そもそもナンバーディスプレイに月400円もかける必要がないのだが・・・。

仕事を辞めて家に一日いると、案外、電話ってかかってくるのである。
最初は知らない番号でもこまめに取っていたのだが、
「トクメイ」と表示された電話に出るとろくなことがない。

「マンションのいい物件があるんですけど」(もう持ってるのですが・・・)
「エステに関心はありませんか」(2カ所通ってますけど・・・)

その他「株は」「補正下着は」「布団のクリーニングは」「保険の見直しは」
はては「墓石の購入予定はありますか」などというのまであった。

そんなわけで、「トクメイ」の場合はとりあえず留守電が作動するまで待って、
メッセージに何か吹き込んできた場合、その内容あるいは人によって出る、
ということにしたのだが、これがほぼ100%の割合で、留守電になると切れる。

吹き込むほどのメッセージがないなら、ホントに「私に」用はなかったのだろう。
(ちなみに、0120から始まる番号からかかってきた電話もこの手のが多い)

このところ、夕方になると「トクメイ」の電話がよく鳴る。
毎回電話機の前でじーっと観察しているが、やはり留守電になると切れる。
その都度「またかい」と思っていたのだが・・・。

昨日ふと、「もしかして注文したお洋服?」と思い当たった。
「トクメイ」と表示されるには「184」をプッシュする必要があるのだが、
それ以外に、どうも一部のケータイだとそう表示されるようなのだ。
(別に184をつけなくても)

だとしたら、宅配会社がこまめに電話して、私がいるときに持ってこようとしていて、
その都度私が出ないために「今日も不在か」と思っているとしたら・・・。
そりゃいつまで経っても来ないだろう。

むむむ、次に「トクメイ」の電話がかかってきたら出なくては・・・。
(ハズレ率も高そうだけどね)
タイヤキ
2007年11月13日 (火) | 編集 |
タイヤキ食べたい。(←矢野顕子の名曲「ラーメン食べたい」のパクリ)

先日借りた「おたんこナース」を読んでからというもの、
タイヤキが食べたくてしょうがない。
同じタイミングで読んだはずのダーリンは、
まったくタイヤキには引っかからなかったらしいので、
やはり感受性は人それぞれ。

近所のスーパーでは冷凍タイヤキを売っていて、
案外これがバカに出来ないのだが、
いかんせん風邪でやる気が起きず、スーパーまで行く気になれない。
(それに人がたくさんいるところに行く気になれない)

タイヤキ~。

在宅ワークをしつつ、頭の中に浮かぶのはタイヤキのことばかり。
ついネットで検索してしまったのだが・・・。

あああ、そうだった、倉敷には「鯛よし」というタイヤキの名店があったのだった。
藤戸寺
という、由緒正しきお寺のすぐ近く。
ただ、倉敷市というのは意外と広い。
地図で見ると、我が家からはざっと10キロといったところか。

車を出してしまえばさほどの距離ではないはずなのだが、
この藤戸の辺りは歴史ある由緒正しき土地なので
(平家物語でも「藤戸の合戦」として登場する)
つまりはものすごく道が細くてくねくねしたところ。
しかもこのお店は店先でタイヤキしか売っていないため、
駐車場はおろか店先で食べるスペースもない。

なので、この辺はタイヤキ目当ての車があちこちに路駐していて、
そのせいで渋滞が引き起こされたりしている。
私は車の運転がニガテなので、こういうところに行くのはご遠慮申し上げたいところ。

うーん、近くのスーパーとかに(こそっと)停めて歩いていくとか、
あるいは最初からあきらめてバスで行くかかなあ。

せっかく藤戸の方に行くなら、
フレッシュフレッシュ
というパン屋さんにも行きたいところ。
ちょっぴり離れているかな・・・。

うーん、藤戸寺の近くには、倉敷銘菓の藤戸まんじゅうの本店もあるなあ。
薄皮まんじゅうっぽいこしあんのおまんじゅう。

そういえば、茶屋町の駅の近くには、
「ひまわり」というパン屋がある。
ここはランチが食べ放題
なんというか、パンって、一個100円とか150円とかするものをトレイに載せるでしょ?
ここももちろんそういうパン屋なのだが、
ランチをバイキングにすると、そういう一個100円とか150円のパンを、
トレイではなくてお皿に載せて席まで戻って食べる。
食べ終わったらまたお皿を持ってパンを載せて席まで戻って食べる。
(以後繰り返し)
これにドリンク・サラダも付いて750円。
まあどれくらい食べられるかにもよるだろうが、
我が家だとかーなーりー元を取れる。

風邪が治ったら、パン食べおまんじゅうタイヤキ購入ツアーを計画しよう・・・。

そうそう、豆知識として。

上述した「藤戸寺」には、中学時代に誰もが覚えさせられたであろう、
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。」
の、沙羅双樹がある、そうでゴザイマス。
(実はワタクシ見たことないのだけどね)

気になる方は「藤戸寺」「沙羅双樹」で検索すると、
個人サイトがあれこれ出て参りますよ~。
水曜天幕團のDVD
2007年11月11日 (日) | 編集 |
そんなこんなでしっかり風邪ひき2人組の我が家でございます。
(と、いつものようにいきなり始まる)

昨日は週に一度の英会話レッスンの日だったが、ちゃっかりお休みしてしまった。
朝の時点で「休みます」と連絡したときは実はそんなにひどくもなかったので、
「こりゃずる休みかな~」と自分でも思っていたのだが、
その後あれよあれよと調子が悪くなってきた。
くしゃみ・鼻水・発熱に始まり、だるいし背中も痛いし・・・。
目の下というか、鼻の横というか、その奥の方が重苦しくて痛い。
一体ここにはなにがあるのだろう?

座っているのもしんどくて、
テレビを観るのも疲れるし、本を読むのも疲れる。
そんなわけで結局寝ていることに。

ダーリンも昨日は似たような感じだったので、
2人でさえない週末になってしまった。

今日は2人ともまあまあ(少なくとも昨日よりは良いかな)。
とりあえず今日は外出しないで家にあるもので食いつないだ。
お昼過ぎになんだか甘いものが食べたくなったので、
2人でプリンを作成(卵と牛乳と砂糖は家にあったのだ)。
意外になんとかなるものである。

が、味覚と嗅覚が完全に低下してしまっている。
鼻をかんだ直後は匂いを感じるものの、
そうでなければほとんど匂いがわからない。
ダーリンにお茶を入れてもらったのだが、
せっかくのフレーバーティーなのに全然何のお茶かわからないのである。
アロマ検定の試験が先週でよかった・・・。

味覚に関しても、私は普段薄味なのに、
今日は全然わからなくて・・・。
先日両親から送ってもらった「しいたけスープ」をいれたのだが、
どんな味なのかさっぱりわからず。
ダーリンが「ちょっとしょっぱいねえ」というので、
え?これしょっぱいの?と思ったくらい。
味覚と嗅覚がやられるとこんな感じなのか、と不安になってしまった。
(口にするものが仮に傷んでいても、わからないだろうなあ)

午後は買ったものの全然観ていなかったDVDを鑑賞。
ある意味有意義な休日になったかもしれない?
医学部助教?
2007年11月09日 (金) | 編集 |
はだびずがでる~

風邪引きましたかね。

ダーリンは今週火曜日くらいから「ちょっと不調」といっていたのだが、
日を追うごとに不調っぽさが表面に出てきて、
一昨日あたりから咳が出始めて、
昨日あたりからくしゃみと鼻水のオンパレード。

ダーリンは毎年のように風邪をこじらせては一ヶ月以上咳をし続けるので、
今年こそ早めに手を打たなければ!と大決意。
何しろダーリンは病院が大嫌いで、
「寝てれば直る」「そのうち直る」といって絶対に行ってくれない。

ホントにこの人、医学部に勤めてるんですかね?
(だから病院を信用できないのか、という見方も出来るが)

というわけで今日はかなり頑張って説得して、病院に送り込んだ。
「行く」といって途中で脱走しかねなかったので、
私も病院までついて行こうとしていたのだが、
「絶対に行くから」と言われて断念。
風邪ごときで保護者(?)についてきてもらうのは、
大人としてどうかと思ったらしい。

診断の結果は聞いていないが、少なくとも何種類かの薬がでたらしい。
これをちゃんと飲んでくれるかどうかという問題が次にあるなあ・・・。

そんなダーリンの横でワタクシは元気だったのだが、
ここに来て突然鼻水が・・・。
も、もらったか・・・?
眉間が痛い
2007年11月07日 (水) | 編集 |
ここ2回ほど、お茶のお稽古は着物で行っている。
2回目となる先日のお稽古に着ていったお着物はコチラ。
071107


お茶のお稽古らしからぬ、ハデな柄でございます。
(母が46年前に結婚式のときに着たという振り袖で、
その後袖を切って訪問着になり、数年前に私がもらったので、
洗い張りをして私のサイズに仕立て直してもらった)

裾までちゃんと写真が撮れていないのは、
ひとえにデジカメの置き方が悪かったため(自動シャッターで撮影したのである)。

内側の長襦袢との相性が明らかに悪いねえ・・・。
(といっても長襦袢はこれ一枚きりしか持っていないので仕方がない)

先週今週と違う着物で行ったため、
お教室でご一緒の方々が「来週は何の着物か楽しみにしとくわー」とのこと。
まあまだ数枚はあるので、着せ替え人形なみにあれこれ着ていくことにしよう。
(どうせ週に一度なのだから、一巡する頃にはもうみんな最初のを忘れているはず)

さてさて。

私はたまーに、眉間がものすごく痛くなるときがある。
これを書いている現在は全然そんなことはないのだが、
今日のお昼頃、1時くらいだったかな、ホントに痛くて痛くて痛くて。

で、多少改善してからネットにつないで「眉間が痛い」で検索したら・・・。

いやいやいやいや、出てきましたよ・・・。

「チャクラ」が・・・。

私は決してこういう(スピリチュアルな)ことを否定するわけではなく、
むしろ理解できるなら理解したいと思うのだが、
いくつかのサイトを流し読みしても、よくわからないのである。

そうはいっても、眉間には第三の目があるとか、
親戚の誰かが言っていたような気もするし、
眉間にビンディ(だったかな)をつけたりする国もあるわけだから、
やはり何かしらの意味があるのかもねえ。
合格発表は来月上旬
2007年11月05日 (月) | 編集 |
昨日はアロマ検定の日だった。

071105-1


岡山では検定会場がないため、神戸まで受けに行っていた。

朝8時20分発の高速バスで三宮まで行くことにしていたのだが、
朝起きたら、ケータイを見ても、目覚まし時計を見ても、8時30分を示している。
しかも何度も見直してもやはり8時半なのだ!

どうしよう!

・・・というやたらにリアルな夢を見て、飛び起きてしまった。
(まだ5時台だった)

そう、岡山ー神戸間は案外近いのだが(のぞみで40分程度)、
新幹線を使うと片道で5440円、往復で10880円!
これが高速バスだと往復で3260円なのだ。
そりゃまあ新幹線に比べたらずっと時間はかかるが、差額7620円は大きい。

で、バスにしたわけというわけ。
そんな夢を見るということは、多少は試験前の不安が反映されてたんだろうねえ。

今回受験したアロマ検定は、(社)日本アロマ環境協会が主催しているもの。
2級、1級とあるのだが、2級はとばして1級だけを受けることにした。

1級の検定試験には20種類の精油(エッセンシャルオイル)についての問題と、
この中から18種類の精油の香りテストがある。

071105-2

(これは20種類の精油だが、このうちローズオットーとネロリは香り試験には出ない)

他にもアロマテラピーの歴史や背景、アロマテラピーに関わる法律、
適切な使い方などなど、いろいろな分野から出題される。
(全て4択のマークシートである)

こういう理論問題は覚えてしまえば問題ないのだが、
香り試験は結構キビシイ。
もちろん香りも覚えられるのだが、受容する側の体調によって、
印象ががらっと変わる香りもあるのだ。
試験前の数日は、この香り試験を重点的に自分で特訓。
ラベルを見ないようにしてふたを開けて香りをかいで、
なんの香りか判断してからラベルを見る。
だいたいは正解するのだが、たまに間違えるとかなり焦る。
しかも、みなさんご存じの通り、香りというのはしばらくかいでいると鼻が慣れてしまって、
「鼻がバカに」なってくるのである。
そうなってくると誤答率が高くなるし、誤答すると気持ちも焦って悪循環に陥る。
「ジュニパー!」と思ったらフランキンセンスだったり、
「ローズマリー!」と思ったらユーカリだったりね・・・。

特にローズマリーとユーカリは、同じ1,8シオネールを含むので混同しやすい。
一時期はティートリーとジュニパーをよく混同していたし、
試験の数日前は上述したようにジュニパーとフランキンセンスを混同することもあった。
そんなわけで、この辺が試験に出て、選択肢がこれらのものだったら、
かなり迷うだろう、と思っていたのだが・・・。

香りテストの選択肢は似た系統のものは出ないので、
自ずと答えは限られるということが判明。

例えば柑橘系の香りの小瓶を渡されて、選択肢が
1.レモン
2.スイートオレンジ
3.グレープフルーツ
4.ベルガモット
という4択だったらかなり迷うだろうが、
1.ラベンダー
2.レモン
3.ペパーミント
4.ローマンカモミール
という選択肢だったら、なんの柑橘類かはわからなくても、
必然的に答えはレモンにたどり着くだろう。

例えていうなら、飲み物の飲みわけ試験があるとして、
目隠しして飲んだものが何となく乳製品っぽいとする。
それで選択肢が
1.飲むヨーグルト
2.ヤクルト
3.牛乳
4.低脂肪乳
だったらかなり迷うだろうが、
1.コーラ
2.牛乳
3.オレンジジュース
4.ビール
という選択肢だったら、必然的に牛乳になる、という感じ。
(かえってわかりにくいか。)

ちなみに今回、選択肢の中にサンダルウッドが含まれていたが、
香りテスト用の小瓶が渡された時点で、
少なくともサンダルウッドではない、ということはわかった。
サンダルウッドは粘性があるからね・・・。

そうそう、香りテストは本当に香りだけなので、
紙につけたりすることが出来ない。
色が付いている精油もあるので、それも判断材料になるんじゃないかと思っていたが、
ビンから出さないように、と試験前に指示があった。

それにしても困ったのは、近くにいた受験生の中に、
明らかに香水をつけてきた人がいたこと。
香りテストがあるってわかっているのに、なんでそういうことするかなー。
(他の人への嫌がらせにしては、自分へのダメージも大きすぎやしないか?)

理論の方の試験は、先生からお借りしていた問題集をしっかりやったおかげか、
割合すんなり出来た。
問題集の方がよほど難しかったと感じたくらい。
あ、いや、それでも試験は水物だから、あんまり大きなことは言わないようにしとこ。
カレーパーティー
2007年11月03日 (土) | 編集 |
今日はカレーパーティーと英会話のレッスン、
それと明日に向けてのお勉強。

明日のイベントについてはまた今度ゆっくり書くので・・・。

カレーパーティーは知人宅で。
行ってみたら、「天気がいいから庭で食べましょ」ということになっていた。
先に行ってくれたら紫外線対策を十分にしておいたのに。
一応日焼け止めは塗っているものの、やはり外に居続けるとよろしくない。

知人宅は二軒分の土地を購入し、
半分は建物、半分は庭、なので、庭がとっても広い。
バドミントンはできないかもしれないが、
卓球台なら多分3台は置けるはず(縦横縦横に置けば4台は入るかも)。

今日は15人くらい集まっていたので、
さりげなく早めに場所取りをして、日光が常に背中に当たるような位置を確保した。
そんなわけで、私の向かいに座る人はみんなまぶしそうにしていたわけね。

それでも紫外線には当たってしまうので、
入浴後は長めにシートパック。

カレーをさんざん食べたあとに英会話に行ったので、
途中から眠くて眠くて・・・。
英語どころではなかった。

明日に向けて今日は早めに寝ます!
レンタルコミック
2007年11月02日 (金) | 編集 |
先週ここで書くのを忘れたが、
毎週金曜日は父の孔版画作品をコチラのサイトで更新している。
季節感が今ひとつで申し訳ない。

先日書いたレンタルコミック、ちょっとためしてみることにした。
一冊100円で4週間借りられるようである。
今回借りたのは最後を知らない「キャッツ・アイ」と「SWAN-白鳥-」、
それから以前から気になっていた「おたんこナース」の3セット。
これだけで47冊だったかな。
(4700円か・・・。それだけあったら新品のマンガも結構買えるかも。)

途中まで読んだ「王家の紋章」とかも気になるが、
こちらは全部でそれこそ47巻くらいあるらしい。
どうやって終わったのやら。

ダーリンにその話をしたら、
「魁!男塾」とか
「うっちゃれ五所瓦」とか
「行け!南国アイスホッケー部」
「瑪羅門の家族」とかをせっせと検索していた。
いずれも私には全く縁のない(タイトルどころか作者すら知らない)
マンガである・・・。

もし「これは是非オススメ」という作品がありましたら、
教えてくださいませ~。
サプリメントには頼らない
2007年11月01日 (木) | 編集 |
口の端が切れてしまってちょっとイタイ。
こういうの、口角炎っていうんだっけ?
なんかビタミン足りてないのかなー。

と調べてみたら、
 ・ビタミン(B2、B6、B12、ナイアシン、A)の不足によるもの。
   特にビタミンB2の欠乏で発症する事が多い。
 ・ブドウ球菌、カンジダなどの真菌などに感染した場合。
   疲労や風邪等で抵抗力が弱っているときに感染しやすくなるようです。
 ・子供や幼児では、よだれが原因の感染もあります。
 ・他の病気で全身の抵抗力が弱っている場合。
   鉄欠乏性貧血、悪性貧血、糖尿病、ステロイド剤の長期使用など。
と書いてあるサイトがあった。

風邪・・・は引いてないと思うんだけどな。
多分よだれでもないと思うし・・・。
ということはやっぱりビタミンB2か。

ビタミンB2は野菜や穀類などの植物性食品よりも、
肉や魚などの動物性食品に多く含まれます。
なかでもレバーは、1度に取れる量も多いので補給にはおすすめです。
うなぎやドジョウにも多く、特にやつめうなぎには豊富に含まれます。

とのこと。
たまにはレバー食べようかしら・・・。
小さい頃はレバーをものすごく食べさせられていたのだが、
結婚してから全然やらないからなー。
母に作り方を聞かなくては・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。