mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学術的な文章
2007年12月26日 (水) | 編集 |
私が週に一度習っている英語の先生Pさん(アメリカ人)は、
近くの大学で非常勤講師としても活躍している。

この大学は食品科学とか看護学の分野が活発なのだそうで、
その分野の先生方が学術論文を書くと、
このPさんに校正の依頼があるらしい。
専門的なことはわからなくても、
少なくとも英語として正しいか、そうでないかはわかるし、
それにPさん自身も教育学・心理学の両方を専攻して、さらに、
TESOL(Teachers of English to Speakers of Other Languages)で修士号も取っているので、
学術論文の書き方などにも精通している。
(日本語に置き換えて考えてもわかるだろうが、
単純に日本語が出来るだけでは、学術的な文章は書けない)

英語で学術論文を書く、というのはかつての私も含め、
多くの日本人研究者にとっては高い壁である。
だから「英語で学術論文を書く」と打ち込んで検索するとわかるが、
おびただしい数のマニュアル本も存在する。
よくいわれるのは「日本語で書いたものをそのまま英語に直訳するな」というもの。
まあ、これは学術論文に限らず、日常会話でも全く同じなのだが・・・。

日本語というのは主語なり述語なりを省略しても成り立つ場合がある。
よくいわれる極端な例が「私はタヌキ」「俺、コーヒー」だろうか。
先日たまたま読んだ本では、
「公園はマナーが悪い」
というのがあった。
この場合、公園のマナーが悪いわけではなくて
(もちろん「公園さん」という個人名の話でもなくて)
公園にいる人たちのマナーが悪い、という意味である。
これらを直訳したら、そりゃ凄まじい英文になることは容易に想像できる。
ここまで極端ではなくても、日本語で考えたことをそのまま英語にしても、
文法的には間違っていなくても、意味がわからない、という結果にもなりかねない。

それでも訳せるだけまだマシ、といえるかもしれない。
Pさんに依頼する先生方(大学の先生よ!)の中には、
ぬけぬけと「私、英語出来ないんで」と日本語でそのまま持ってくる人がいるらしい。
分野によるのかもしれないが、少なくとも、
私がこれまで属した分野でそんなことをいったら淘汰されることは間違いない。
(あ、だから私も淘汰されたのか・・・?)

これまではPさんの大学の他の英語の先生(日本人)が、
それなりの対価をもらって日本語→英語に翻訳し、
それをPさんが最終チェックしていたらしい。
ずっとそのペアでうまくやっていたようなのだが、
この日本人の英語の先生がこの3月で定年になるため、
「もう受け付けない」と宣言されたとのこと。

で、私にお鉢が回ってきたというわけ。

ぜったいいやー

とごねまくったのだが、
「mugimiより英語の出来る人は確かにたくさんいるけど、
学術的な論文を書いたことのある人はそうはいないのだし、
文法的なことや言葉遣いなんかの最終チェックは私がするのだから、
あなたに完璧な英語を求めているわけではないのよ。
それに翻訳作業をすることで英語の勉強にもなるでしょ」

とPさんに論破され(全てごもっともなので反論できない)、
とりあえず数報のアブストラクト(論文の要旨の部分。日本語で500文字くらい)
を渡された。

さて。話は変わるのだが。

日本人は(仮に日本語であっても)「学術的な文章の書き方」という
トレーニングは受けていない。
卒論から始まり、修士論文、博士論文・・・・と書くにつれ、
またその過程で派生する数々の原稿(学会発表の予稿集など)を書くにつれ、
徐々に経験を積んでいくしかない。
よって、よほどキビシイ先生についてトレーニングを受けるか、
はたまた自分自身で文章力を向上させようという気持ちがない限り、
どんなに回を重ねても、あまり文章力は向上しない、という場合も多々ある。
(話はそれるがこれは学会発表などのプレゼンテーション能力も同様。
教授クラスでも下手な人はホントに多い。)

しかも上述のように、日本語というのは、
主語を落としたり述語を落としても、案外なんとかなってしまう。
だから学術的な文章を書く訓練をしていない場合、
なにをいいたいのかさっぱりわからない文章になってしまうのである。
(偉い人が書いた文章がわかりにくい、とよくいわれるが、
内容が難しい場合もあれば、日本語として理解しにくい場合もあるというわけ)

まあそんなこんなで渡されたA4半分のアブストラクト。
軽い気持ちでパソコンを立ち上げて翻訳を・・・と思ったが、
よくよく読んでいて、途中で気が狂いそうになった。

「××の方が効果が高かった」
などといきなり書いてあるのである。
評価基準がないばかりか比較対照もない。

あるいは2つの事柄について比較したという内容でも
「AのほうがBよりも有意に高かった」
としかない。
データに関する内容(n数、検定方法、P値など)は一切記載されていない。
というか、統計処理などせず、数字だけ見て主観的に
「こっちのほうが多い」
と判断したのではないかという感じ。

はたまた、一つの長い文章の中で、
明らかに主語が違うのではないか、と思う二つの話がつながっていたり、
「臨場感が高まった」というような、客観性のまるでない、ただの感想があったりもする。

さらに、要旨という、結果をぎゅっと凝縮した部分のはずなのに
「何故このような結果になったのであろうか?」
などという、腰が抜けそうになる疑問文が挿入されていたりもする。

わずか500文字に対して数時間考え抜いて、
「多分この評価はこういう基準で判断したのだろう」と前後の文脈で類推したり、
「この文は一回ここで切った方がいいだろう」などの判断を私なりにしたのだが、
それでも比較対照がない場合や主観的な感想など、
どうにもいじれない部分はそのまま英語にしてPさんに提出。
割とすぐに返事が来て「ここがよくわからない。意味不明。」とチェックが入ったのだが、
これがまた見事なまでに「どうにもいじれない部分」ばかり。
(文法や言葉遣いもしこたまチェックされていたけどね)

しかたないので
「これは私の訳に問題があるのではなく、元の日本語に問題があります。
著者に聞いてください」
と書いて送り直した。

しかし、これまで受け付けていた日本人の英語の先生は、
こういうのをどうやって直していたのだろう?

大した文字数ではなく(しかもボランティアに毛が生えた程度のバイト代しかでないのに)
頭を抱えてパソコンの前で、きいいいいいいいっ、となっている私を見て、
ダーリンは「もう、出来ませんって、いったほうがいいと思うよ・・・」と一言。

ホントよねえ、そりゃ英語の勉強にはなるけど、
ある程度のレベルの日本語でないと、翻訳も出来ないもんねえ・・・。
この先生方のところに乗り込んでいって、
「まず日本語でちゃんとした学術論文を書けるように訓練しろ」と
(自分のレベルを棚に上げて)説教をしてやりたいところである。
スポンサーサイト
パーソナルカラー診断
2007年12月20日 (木) | 編集 |
ごく一部で反響を呼んだ肌断食、
そのあと確かに肌の調子が良くて、ワタクシご機嫌ですの♪
肌断食前はどんなにお手入れしても乾燥していたのに、
今は通常のお手入れでしっとり。うふふ。

さてさて。

私は小さい頃から好きな色はと聞かれたら迷わず青、と答えてきた。
実際、我が家のテーブルクロス、布団カバー、財布から車の色に至るまで、
青いものは数知れず。

さらに二番目の姉が銀製品を扱う会社に勤めていたこともあり、
シルバーが身近だったせいか、その光沢が好きで、
アクセサリーはシルバー系がほとんど。
(結婚指輪はプラチナだけどね)

つまりは青-シルバー系で生きてきた(?)というわけ。

それで似合っていれば別に問題はなかったのだが、
数年前、姉が着なくなったスーツをあげる、というので試着してみた。
ブルーグレーの色味で、姉が着ると非常に「かっこいいおねえさん」。
で、私が着たら・・・「あか抜けない事務員」になってしまった。

・・・もしかして、私、この色、似合わない?

思い起こせば結婚するときにも、
ウェディングドレスはオフホワイトであった。
青みがかった純白がどうにも似合わなかったのである。
しかもキラキラのラインストーンが付いたドレスは全くダメで、
アクセサリーも全てパールだった。

ということは、私、青系はダメなのかな?


話は変わる。

私は三姉妹の末っ子なのだが、姉二人は顔立ちがかなり違う。
(体つきも違うので、並んで歩いても多分姉妹だとは思われないだろう)

一番上の姉は華やかな顔をしている。
(見た目は森尾由美に似ているが、しゃべると榊原郁恵になる)
二番目の姉は落ち着いた顔をしている。
(昔から藤田朋子に似ているといわれていたのだが、
義兄がたまたま仕事の関係で藤田朋子を見かけたらホントに似てた、と言っていた)

私はなにしろ「先生顔」なので、長姉よりは次姉に似ていると言われる。
しかも母ともよく似てる、と言われる。

その母と姉二人が、もう8年くらい前、
パーソナルカラー診断をしてもらったことがある。
私だけ行かなかったのは、私は既に結婚していて倉敷にいたため。

パーソナルカラー診断というのは、「似合う色探し」である。
といっても「あなたは赤が似合う」というような単純な色探しではなく、
「似合う色の傾向を把握する」という、もうちょっと複雑な作業。

例えば、一口に「赤」といっても、
ストロベリー色
珊瑚色
ピンク色
エンジ色
朱色
サーモンピンク色
小豆色
えび茶色
柿色
レンガ色
ココア色
・・・と、明るい赤・鮮やかな赤・薄い赤・くすんだ赤・黄味の赤などなど、
いろんな赤がある。
(色の三属性による表示という、すこぶるわかりやすい説明が、
コニカミノルタのページにあるので興味のある方はこちらもゼヒ。)

この中から、「あなたに似合う赤はどれであるか」ということを
パーソナルカラー診断では教えてくれるというわけ。
(赤以外でも同様)

検索すれば色つきのページが出てくるので、興味のある方は検索して頂きたいのだが、
パーソナルカラー診断では、おおざっぱに色味を4種類に分類し、
それぞれ「春・夏・秋・冬」としている。

春タイプ
・ベースに黄色みを感じる色
・明度(明るさ)の高い色が多い
・彩度(鮮やかさ)の高い色が多い

夏タイプ
・ベースに青みを感じる色
・明度(明るさ)の高い色が多い
・彩度(鮮やかさ)の低い色が多い

秋タイプ
・ベースに黄色みを感じる色
・明度(明るさ)の低い色が多い
・彩度(鮮やかさ)の低い色が多い

冬タイプ
・ベースに青みを感じる色
・明度(明るさ)の低い色が多い
・彩度(鮮やかさ)の高い色が多い

私は以前実験で色差計を使ったことがあり、
そのときにちょっぴり(ホントにちょっぴり)勉強した。
黄色み、青み、というのは「色相」で、L*a*b*表示系で数値化するとb*で表示される。
(黄色みが強い方がプラスで青みが強い方がマイナスと表示される。)
明度はL*、彩度はa*b*の絶対値。
これらの関係をものすごくわかりやすく解説しているのが、
やはりコニカミノルタのコチラのページ。

ということは、上の説明から、
春タイプは L* +、b* +、|a*b*| 大
夏タイプは L* +、b* -、|a*b*| 小
秋タイプは L* -、b* +、|a*b*| 小
冬タイプは L* -、b* -、|a*b*| 大
という傾向があることがわかる。

ちなみに母と次姉は夏タイプ、長姉のみが春タイプであった。
上述したブルーグレーのスーツが似合う次姉というのが夏タイプだったわけである。

さてここまでは机上でわかっていたわけではあるのだが、
じゃ実際に私は何色が似合うのか?という現実的な問題は以前残されたままである。

顔立ちからすると母・次姉系なので夏タイプかもしれないが、
スーツとドレスの件からすると春か秋タイプ・・・?

まあそんなこんなの状態がずっと何年も続いていたのだが、
念願かなって、ようやく今週パーソナルカラー診断をしてもらうチャンスがやってきた。

で、結果から言うと、ワタクシ春タイプでございました。

似合う色はこんな色。

071218-1


ひょえー、最初からこんなの無理無理、と思っていた色ばかり。
(つまりはこんな色の服なんて全然持っていない)

30数年生きてきても、知らないことはたくさんあるのでございました・・・。

ついでに書くと、一緒に行った友達は見事なまでの「秋タイプ」。
雰囲気がホンワカしているのでパステルカラーなんかが似合いそうなイメージなのに、
渋い茶色とかくすんだ緑とかがめっちゃ似合うのである。
(写真も撮ったのだがいくらモザイクかけても勝手に載せるのは悪いだろう)

パステルカラーも試してもらったが、
びっくりするまでに似合わなかったので思わず笑ってしまった。

レッスンのついでに似合うメイクの色なんかも教えてもらった。
これはなぜか(無意識なりに似合う色を自分で選んでいたらしく)、
手持ちのアイシャドウ・チーク・口紅でピッタリ。
うーん、確かに「ピンクの口紅つけると妙に浮く」という経験はあったもんなー。

というわけで。

長姉とはお洋服の交換が出来そうである。
おねえちゃーん、お洋服かしてー。
肌断食
2007年12月13日 (木) | 編集 |
肌断食実行中(現在3日目)。

いやー、ツライですよ。
ホントの断食並みにツライ。
(やったことないけど)

肌断食、というのはスキンケアをいったん止めて、肌の状態をリセットすること。
基本的にはメイクをせず、クレンジングも洗顔料も使わないようにして、
朝晩ぬるま湯で洗うのみ。
そのあとのローション・乳液・美容液etcも一切肌に乗せない。

そうするとスキンケアでいつも甘やかされている肌が、
本来の機能を取り戻す、ということらしい。

それだったらせっせとスキンケアする人より、
全くお手入れしてない人のほうが肌が綺麗ってこと?
という疑問も出るだろうが、これはまた違う話。
肌を老化させる三大要素といわれるのは紫外線、酸化、乾燥の3つ。
何もお手入れしなかったらこの三大要素には対抗出来ないからね。

今日はまだマシだが、昨日はホントにつらかった。
顔中、どこもかしこもカサカサでつっぱった感じになってしまって。
普段スキンケアをマジメにやっている分、
肌が悲鳴を上げているのも聞こえるのである。
「わかる、わかってるよ、でもガンバレ」
と自分の肌にエールを送っている気分。
ああローション塗ってあげたい、と思うがぐっとガマン。

ただ、ネットで見ると「粉を吹いたように」とか「皮がめくれて」
という人もいるのだが、私の場合、少なくとも肉眼レベルではそこまでいっていない。
触ったときの感触が「しっとり」ではなくて「カサッ」という感じ。
それでいておでこと鼻のTゾーンはちゃっかり皮脂が浮いてくるのだから不思議。
(乾燥してるからよけい皮脂が出るんだろうけど。)

数日の肌断食後は、普段のスキンケアでも、肌断食前より数倍効果があるという。
明日から回復食(?)に入る予定なので、今からそれが楽しみ~。
美保関-境港
2007年12月10日 (月) | 編集 |
美保関で泊まった宿の近くには、干物を売っているお店がたくさんある。

071210-1


魚をさばいて干している現場にもよく出くわすので、
ここで捕れた魚をすぐにさばいて干している、ということである。
(実に当たり前の話だといえばその通りなのだが。)

071210-2


なんというのか、この後行った境港の海産物屋で、
わかめが売られていたので袋を裏返してみたら
「産地 中国」になっていたりしたわけである。
そりゃ境港ではわかめはとれないだろうが・・・。

イタリアに行ってしゃれた小物でもお土産に、と思ったら、
MADE IN CHINAと表記されていたような気分というか。

そういう意味では美保関の、
「ここで取れたものをここで売る」という、
すこぶるストレートで、かつシンプルなことが、
逆に新鮮に見えてしまうわけね。

071210-3


別にそんなに難しいことを考えていたわけではないが、
去年カマスの干物をちょこっと買って帰ったら、
これが実に美味しくて「もっと買ってくればよかったー」と地団駄を踏んだので、
今年はアジ・カマス・豆アジの干物をどっさり購入(それでも2000円)。
どっさり買いすぎて車の中が干物くさくなったほど。

美保関から境港の鮮魚売り場へ。

071210-4


やはりこの時期はどこを見てもカニカニカニ。

071210-5


カニは前日に満喫したのでここでは結局何も買わず。
(ホントはアジとかイカとか買おうかと思ったのだが、
帰宅してからさばいたり調理するのが面倒という理由で断念)

やや米子方面にある「大漁市場 なかうら」へ。

071210-6


ここで売られているスナックは、
エビやイカ、シラスボシなどを高温で一瞬にしてプレスする、というもの。
(店内で作製されている。)
塩も何も調味料なしでプレスするだけなのだが、これが実に美味しいの!
ここでもしこたま購入してしまった。

店前にいる鬼太郎の足下には、一反木綿が・・・。

071210-7


(目元を踏んでいるのはダーリンではありませぬ)
美保関の宿と大山
2007年12月09日 (日) | 編集 |
山陰暴飲暴食ツアーの続き。

泊まったのは、去年全く同じ時期に来た美保関の旅館。

071209-1


なかなか風情のある路地である。

071209-5


こちらは泊まった旅館の本館。
相当昔に建てられたものらしい。
夕食は部屋食なのだが、朝食は本館の大広間というスタイル。

071209-2


実に風情があるでしょ?

071209-3


朝食会場から見える風景。
美保湾に映る朝日がちょっぴりまぶしい。

071209-4


部屋から見た風景。
スカッと晴れたら湾の向こうの皆生温泉が見えるんじゃないかなー。
(ものすごく晴れたら大山も・・・)

そういえば去年この宿に来たときもお天気が悪かったように思う。
この時期の日本海側はなかなかスカッと晴れないのかな?

大山といえば・・・。

071209-6


これは米子市の某所から見た大山。
どこから見たかというとですね・・・。

071209-7


ウィンズ米子でございました。
(山陰まで行って競馬かいっ!)

帰りの高速で大山が微妙に見えたので激写。

071209-8


こうやって見るとなかなか美しい山でございます。

暴飲暴食ツアーと銘打っている割に食べ物の話が出ないのは、
ダーリンが書くだろうと思って控えているため。
なかなか書く暇がないらしい・・・。
(早く書かないと忘れるよ~)
一級合格
2007年12月08日 (土) | 編集 |
受かりました~。

071208-1


試験そのものは結構簡単だったので(内心全問正解だったと思っている)、
「受かっているはず」と思っていた。
が、そうはいっても試験は水物、
実はマークシートを一つずつずらしてマークしていたとか、
名前を書き忘れたとか、
あるいは受験番号を間違えたとか、
なにが起きているかわからない。
なので、受かるまでは大きいことはいわないようにしとこ、と思っていたわけ。

すでにアドバイザー標準カリキュラムは終えているので、
申請すれば晴れてアロマテラピーアドバイザーの資格を取れる。
欲を出してもう一段階上のアロマテラピーインストラクターにも目は行くのだが、
じゃあそういう仕事を今後したいのかといわれると、うーん、と思ってしまう。

もっとも、今は一級の試験後でそれなりに頭に基礎が残っているので、
今後「やっぱり受けよう」と思ってから勉強するよりは、
まだ効率が良い気もする。

とはいえ、アロマ検定の合格率は90%と、
「たいてい受かる」のに対し、
アロマテラピーインストラクターの試験の合格率は30-40%。

しかも、インストラクターの試験は、一次試験と二次試験がある。
認定校でカリキュラムを受けると二次試験の小論文が免除されるのだが、
この二次試験が非常に難解らしい。

でも、認定校で勉強するにはどう見積もっても15万くらいかかるので、
その額ですでにやる気喪失状態。
この先、その分を取り戻せるほどアロマでお仕事できるとは思えないしなー。

・・・などと思い悩む今日この頃なのでございました。

あ、それと、最近ハーブティーばかり飲んでいるせいか、
ハーブにもちょっと関心が出てきて・・・。
メディカルハーブ試験っていうのもあるみたいで、これもちょっと気になるところ。
いざ暴飲暴食ツアーへ
2007年12月03日 (月) | 編集 |
この土日、ダーリンと車で一泊旅行に行っておりました。
岡山はいいお天気。
071203-2

紅葉はもうそろそろ終わりみたい。
赤いというよりは茶色いもんねえ。

そして一山一山越えるごとに(トンネルを抜けるごとに)、
どんどん雲が増えていって・・・。

071203-4


目的地に着く頃には豪雨に。

071203-3


そんな雨にもめげず、ワタクシたちはっ!

071203-1


山陰でカニやタイを満喫したのでございました。ふふふ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。