mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝色(かちいろ)の着物
2008年02月24日 (日) | 編集 |
どこかで書いたかもしれないが、私の母は無類の着物好き。
とはいえ普段を着物で過ごすわけでもないし、
つとめて着物でお出かけするわけでもない。
私から見ればずいぶんたくさん持っているように見えるのだが、
ほとんど袖を通していないのもチラホラある。
母に言わせれば、
「手元に置いてたまに広げてみてニンマリするのが好き」
なのだそうだが・・・。

まあ、そんなわけで、母は年に二回開かれる、
大規模な着物の展示会には欠かさず通ってマメに新作をチェックしている。
(もちろん毎回買っているわけではない。)
で、毎回、「今回はこんなのがあった」という話をしてくれるわけ。

私も最近お茶のお稽古に着物で行くようになって、
着物熱が若干高まりつつあるので、
次の展示会には行きたいなー、と思っていた。

それに、着物を着る頻度が増えると、
足袋やスリップなどの、こまめに洗うものが何枚か欲しくなる。
(一回洗ったら乾くまで次を着られないからね。)
それに、草履なんかも毎回使うわけだから、
そんなに高級なのでなくていいから、かわいらしいのが欲しくなってくる。
(ここぞというとき用のも持ってはいるが、普段のお稽古にはそぐわないし。)

それと、私が愛用している長襦袢は、
洗濯機でじゃんじゃん洗えるポリエステルのものなのだが、
ピンク色のものしかない。
外の着物がどんな色でも長襦袢がピンク一色、
というのはどうも面白みに欠けるから、他の色のも欲しい。

あと、着物や帯を母や姉からたくさん貸してもらったものの、
全体を引き締める小物である、帯揚げや帯締めの数が少なく、
色を変えて遊ぶことが出来ない。
そんなに高いのでなくていいから、いろんな色を集めて、
色で遊んでみたい、という気持ちもある。

まあそんな下心(?)を抱えて、
先々週の三連休、東京に帰省していたのでゴザイマシタ。

母と一番上の姉とで待ち合わせて会場で合流。
(一番上の姉も筋金入りの着物好きであるが、
二番目の姉はあまり着物に興味はない。)
三人であーだこーだと言いながらあれこれと見て回り・・・。

目的の草履はセミオーダーで作ることに。
(台の色と鼻緒の柄を選べる仕組み。)
三月中には仕上げて自宅まで送ってくれるらしい。ふふふ、楽しみ♪

で、スリップや足袋、それにポリエステルの長襦袢(今回はクリーム色)も、
ちょうどいいサイズを見つけてかごに入れる。

あとは帯揚げを・・・と思っていたものの、
まずはあれこれと着物を見てみよう、ということに。
見るのはタダだし、この展示会は本当に大規模なのでスタッフの数も多く、
スタッフに一声かければカンタンに着せてもらえる。
(客は次々来るので、セールストークもしつこくない。)

加賀友禅のコーナーでまずは一回り。
私も姉も加賀友禅は実は持っているのだが、
やっぱり素敵なのでどうしても目がいってしまうのだ。

三人であれこれ着物を指さしてなんだかんだといっていたら、
瞬く間にスタッフが寄ってきてあっという間に指さした着物を着せてくれた。
(私にも姉にも。)
・・・が、どうもピンと来ない(私も姉も)。
素敵なんだけどねえ・・・。

気を変えてまた違うコーナーへ。
藍染めのコーナーがあったのだが、先日のパーソナルカラー診断によると、
私はどうも藍色は似合いそうもない気がする。
そう思って
「私、藍は似合わないと思う」
とぼそっとつぶやいたのが運の尽き。

藍染めのメーカーの人からスタッフまでわーっとやってきて、
いろんな藍を肩に当て、一番しっくりするものをばーっと着せてくれた。

080224-1


帯もその近辺にある、合いそうなものをスタッフが見繕って
あっという間にささっと締めてくれた。

・・・ちょっと、これ、似合うんじゃない?

そこから長い戦いが始まったのであった・・・。
(この続きはまた後日)
スポンサーサイト
今なら水に浮くかも
2008年02月17日 (日) | 編集 |
あっという間に二月も半ばである。
すっかりブログもご無沙汰気味。

一年半前に体調を崩してお仕事を辞めたときは、
食欲もろくになかったこともあってかなりやせていた。
(どちらかといえば不健康なやせ方。)

やっぱりちゃんとご飯を食べて、
まずは健康にならなくては!!

・・・というわけで実家に戻って療養中は、
母の作るご飯をしっかりしっかり食べていた。
岡山に戻ってきてからもそれは変わらず。

で、結果的にすごーーーーーく太ったわけ。
(数字を出すのをためらうくらい。)

とはいえ「まずは健康にならなくては」という意識が強かったこと、
それとなぜか「これは一時的な現象である」と思いこんでいたので、
あんまり気にしていなかった。
(不健康にやせていた一時期に対して、
逆方向に一時的に振り子が振れてるだけじゃないかという感覚。)

なので、「そのうちに、いいくらいの体重に戻るハズ」
と楽観的に考えていたのだが・・・。

いつまでたっても「そのうち」が、やってこないのである。


うっすらとは自覚していたものの、
いよいよマズイんじゃないか、と思うようになった。

その第一弾が某通販会社の服のカタログを見ていたとき。

体調が悪いときというのは、「人からどう見えるか」ということより、
「自分がいかにラクか」が重要になる。
よって、体を締め付けないもの、肌触りのいいもの、落ち着いた色調、
という方向にシフトする。
肌触りとか色調というのは関係なさそうだが、
不調のときというのは体も心も敏感になっているせいか、
チクチクしたりごわごわしているとものすごく気に障るし、
「真っ赤」とか「真っ黄色」のようなビビットな色もキツイのである。

手間暇かけて(お金もかけて)、
・着心地がよいもの
・肌触りのよいもの
・落ち着いた色調のもの
を探せばそれなりに見た目も素敵な服が見つかるのかもしれないが、
そもそもそういう気力もないのである。
手近な場所で入手できてかつ手頃なお値段、となると、
どうしたって見た目は二の次になるわけで・・・。

まあそんなこんなで気づいたらすっかり暗い色のびろびろした服ばかり。
しかも全てがサイズアップしてしまった。

で、通販カタログである。

以前はヘビーユーザーだったが、最近とんと買っていない会社である。
ここは着心地よりも肌触りよりも、一番に「見た目」を意識するお洋服。
(よって、不調の頃はカタログが届いても見ないで捨てていたくらい)

とはいえここの服はやっぱりかわいいし、
だいぶ調子もよくなってきたことだし、そろそろ見た目も意識するか、
とマジメにカタログを眺めたわけ。

・・・そしたら、ですよ。
私に合うサイズがなかったのですよ・・・。

この会社は確かに細身のサイズしか扱っていないとはいえ・・・。

そ、そこまでデブになってしまったのか!!

いやいや、もう、大ショック。


それと、「マズイんじゃないかと思った」第二弾。

体脂肪率がね、尋常でない数値になっているのですよ・・・。
体の×%がアブラなのかっ!!と思うとゲンナリするほど。

今日お昼ご飯を食べながらダーリンとそんな話になった。

で、「じゃ、どれくらい(体重ではなく体脂肪を)落としたら、
理想的な体脂肪率になるのか」という話になって、
早速計算してみた(久しぶりに一次方程式を解いた)。

そしたら2.2kgですよ。アブラだけで。

体脂肪のみを2.2kg減らすって・・・。
相当有酸素運動しないと・・・。

計算結果を見たダーリンに、
「会費払ってるんだから、スポーツクラブにマジメに通え」
と厳命されてしまった。

ハイ、その通りでゴザイマス・・・。
(最近さぼり気味なので小さくなるワタクシ)

というわけで、明日から食べる量はあまり変えず
(甘いものと油は控えようと思うが)
しっかり運動しようと誓ったワタクシでございました。
どこの話?
2008年02月02日 (土) | 編集 |
先週の土曜日だったか、駅の近くを歩いていたら、
「県内のトップを切って川崎医科大学と環太平洋大学で入試がスタート」
という電光ニュースが流れていた。

このニュースの部分だけ切り取って、
「このニュースはどの都道府県のものでしょう?」
という問題を作ったら、高確率で誤答が出るだろうな。

事実、私もこっちに来るまでは川崎医科大学という名前を知らなかったし、
仮に聞いたとしても、単純に「あ、川崎にあるのね」と思っただろう。
違うんだなー。創立者が川崎さんという方なのですねえ。

一方、環太平洋大学に至っては、
単純に考えようにも、場所を特定するのは不可能に近い。
どの都道府県、というよりは、「どこの国?」というレベルだし・・・。

そう考えると、名前から場所を判断できない学校はたくさんある。
・東京基督教大学
・東京歯科大学
・東京情報大学
・東京成徳大学
・東京経営短期大学
これ全部、千葉県にある。

・諏訪東京理科大学
・山口東京理科大学
は「東京」の名前があっても、
それぞれ長野県、山口県にある(これはわかりやすいか)。

これは難問かな?
・立命館アジア太平洋大学
・エリザベト音楽大学
・デジタルハリウッド大学院大学
・天使大学
それぞれ、大分県、広島県、東京都、北海道、でした。

知らない大学ってたくさんあるなあ・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。