mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小指の思い出
2007年09月06日 (木) | 編集 |
突然思い出したのだが、
お茶の先生にどうも好かれなかった原因のもう一つは、
私の手にあった気がする。

お茶のお稽古は(多分日本舞踊とかもそうなのだと思うが)
手順を覚えるだけではなく、「所作の美しさ」も多くを占める。
茶碗を取る、棗を拭く、といった動作でも、
「美しく」出来ているかが重要。
お辞儀一つとっても、頭をぴょこんと下げるだけではダメだしね。

で、この「美しい所作」の基本中の基本に、
「指を揃える」というのがある。
例えば茶杓を左の手のひらに乗せたときに
(是非お手元のボールペンなどを左手に乗せてみて頂きたい)
無意識に乗せるとだいたい左手の指はなんとなく開いていると思う。
それは非常に「だらしがない」。
ピッと揃えて(といってもしゃちほこばってピンとするのではなく、自然にね)
親指でそっと押さえると「上品で、美しく」見える。
同様に棗を上から取るときも、
(是非お手元の、なんだろうな、
小さめのジャムくらいの瓶を上からつかんで頂きたい)、
無意識につかむと指がたいていパカッと開いていると思う。
これも意識して指を揃えてやわらかくつかむと、「美しく」見えるわけ。

もちろんお辞儀するときも、指を揃えて畳の上に手を付くし、
例を挙げればキリがない。

で、その基本中の基本が、ワタクシ、苦手。

多分骨格が人と違うんじゃないかと思う。
「指を揃えてっ」と言われて私が出来るのは

070906-1


こんな感じ。
無理矢理揃えると、

070906-2


小指の位置は動かせないので、それ以外の指を小指側に向けなければならず、
妙に不自然(しかも手に力を入れないと出来ないし)。
右手だけではなく、左手も同様。

そんなわけで、
「またっ!麦実さんは何度注意しても指が揃わないっ!」
と毎回のように怒られていたわけである。
(私は怒られても別に腹は立たなかったので、すっかり忘れていた)


今更にして芋蔓式のように思い出すのが、バイオリンのお稽古。
(幼少期にやっていたのでゴザイマス)

左手の指で弦を押さえるのだが、
小指で押さえていても押さえ方が足りずに違う音が出てしまうので、
「小指の力がずいぶん弱いのねえ」といつも先生に言われていた。
ただ、このときもあんまりバイオリンに入れ込んでいなかったせいか、
注意されてもたいして落ち込みもしなければ気にもとめず、
そんなわけで今まで忘れていたくらい。

そのせいで日常生活で困る、ということは皆無なので目立たないだけで、
こういう人って意外と多いのですかね?
皆さんお茶のお稽古ってどうしているのでしょう?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。