mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキレッスン
2007年10月02日 (火) | 編集 |
月イチのケーキレッスン。

071002-1


今日のラインナップは、
りんごのタルト
くるくるクッキー
ブラウニー
ころころクッキー
の4品。

「くるくるクッキー」は、りんごのタルトのタルト生地の余りを使ったもの。
残ったタルト生地を薄くのばし、
シナモンシュガーを振ってくるくると丸め、しばらく冷蔵庫で冷やして切る。
切り口が渦巻き状になっているのでかわいらしい。

今日はこのくるくるクッキーだけでなく、
クッキー生地を手でころころと丸めて焼く、「ころころクッキー」もあったので、
みんな途中で混乱してきて・・・。

どちらかの名前を変えた方がいいんじゃないか、という話から、
「渦巻きクッキーはどうか」とか「せめてハイカラに英語にすべきではないか」とか
「そもそも渦巻きは英語で何というのか」という話に発展。

今調べたところ、

うずまき 渦巻き

a whirlpool;
《小さい》an eddy;
《水・風の》a swirl; a vortex;
《螺旋》a spiral;
《模様》scroll.
・~型の spiral.

三省堂「EXCEED 和英辞典」

とのこと。

スパイラルクッキー、かしらねえ・・・。
(と思ってspiral cookieで検索したら、
ちゃんとアメリカのクッキングレシピサイトが引っかかった。
確かにそういうらしい。)

「ころころクッキー」は卵を使わず、砂糖も粉糖をつかうせいか、
歯触りがサクサクというか、ホロホロした食感である。
先生はこれを「このクッキーははもろいので・・・」と表現していたが、
「はもろい」(おそらくは「歯もろい」)という表現を聞いたのは初めて。
このいい方は全国共通・・・?

りんごのタルトは絶品。

071002-2


こんなのを人にプレゼントできたらさぞかし株が上がるだろう。

作り方そのものはそんなに難しくはないのだが、
このタルト生地はパイ生地と同じで、とにかく手早く、が鉄則。
今日はそんなに暑くはなかったのだが、
「生地がダレるから」という理由で、エアコンを入れてのレッスンだった。
りんごも出来る限り同じ大きさに揃えて切るとか、
綺麗に揃えて並べるとか、手先の器用さが求められるケーキである。
おおざっぱな私にはなかなか・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
はもろい(歯もろい)って言葉は福岡出身ですが、きいたことがありません。
関東出身の主人もきいたことがないみたいです。
検索もしたのですが「~は、もろい」しか見つからず。

方言なのかなぁ?
2007/10/03(水) 22:33:28 | URL | chiki #Whoz9x2Q[ 編集]
はてはて
私も検索したのですが、やはり「・・・は、もろい」しか出てきませんでした。でも「歯もろい」で検索をかけると案外出てくるんですよ。それも岡山だけでなく割合あちこちのお菓子メーカーとか食品会社のサイトとか。なので岡山限定というわけでもなさそうですが、その先生は完璧に岡山の生まれ育ちらしいです。
2007/10/04(木) 10:38:33 | URL | mugimi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。