mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格発表は来月上旬
2007年11月05日 (月) | 編集 |
昨日はアロマ検定の日だった。

071105-1


岡山では検定会場がないため、神戸まで受けに行っていた。

朝8時20分発の高速バスで三宮まで行くことにしていたのだが、
朝起きたら、ケータイを見ても、目覚まし時計を見ても、8時30分を示している。
しかも何度も見直してもやはり8時半なのだ!

どうしよう!

・・・というやたらにリアルな夢を見て、飛び起きてしまった。
(まだ5時台だった)

そう、岡山ー神戸間は案外近いのだが(のぞみで40分程度)、
新幹線を使うと片道で5440円、往復で10880円!
これが高速バスだと往復で3260円なのだ。
そりゃまあ新幹線に比べたらずっと時間はかかるが、差額7620円は大きい。

で、バスにしたわけというわけ。
そんな夢を見るということは、多少は試験前の不安が反映されてたんだろうねえ。

今回受験したアロマ検定は、(社)日本アロマ環境協会が主催しているもの。
2級、1級とあるのだが、2級はとばして1級だけを受けることにした。

1級の検定試験には20種類の精油(エッセンシャルオイル)についての問題と、
この中から18種類の精油の香りテストがある。

071105-2

(これは20種類の精油だが、このうちローズオットーとネロリは香り試験には出ない)

他にもアロマテラピーの歴史や背景、アロマテラピーに関わる法律、
適切な使い方などなど、いろいろな分野から出題される。
(全て4択のマークシートである)

こういう理論問題は覚えてしまえば問題ないのだが、
香り試験は結構キビシイ。
もちろん香りも覚えられるのだが、受容する側の体調によって、
印象ががらっと変わる香りもあるのだ。
試験前の数日は、この香り試験を重点的に自分で特訓。
ラベルを見ないようにしてふたを開けて香りをかいで、
なんの香りか判断してからラベルを見る。
だいたいは正解するのだが、たまに間違えるとかなり焦る。
しかも、みなさんご存じの通り、香りというのはしばらくかいでいると鼻が慣れてしまって、
「鼻がバカに」なってくるのである。
そうなってくると誤答率が高くなるし、誤答すると気持ちも焦って悪循環に陥る。
「ジュニパー!」と思ったらフランキンセンスだったり、
「ローズマリー!」と思ったらユーカリだったりね・・・。

特にローズマリーとユーカリは、同じ1,8シオネールを含むので混同しやすい。
一時期はティートリーとジュニパーをよく混同していたし、
試験の数日前は上述したようにジュニパーとフランキンセンスを混同することもあった。
そんなわけで、この辺が試験に出て、選択肢がこれらのものだったら、
かなり迷うだろう、と思っていたのだが・・・。

香りテストの選択肢は似た系統のものは出ないので、
自ずと答えは限られるということが判明。

例えば柑橘系の香りの小瓶を渡されて、選択肢が
1.レモン
2.スイートオレンジ
3.グレープフルーツ
4.ベルガモット
という4択だったらかなり迷うだろうが、
1.ラベンダー
2.レモン
3.ペパーミント
4.ローマンカモミール
という選択肢だったら、なんの柑橘類かはわからなくても、
必然的に答えはレモンにたどり着くだろう。

例えていうなら、飲み物の飲みわけ試験があるとして、
目隠しして飲んだものが何となく乳製品っぽいとする。
それで選択肢が
1.飲むヨーグルト
2.ヤクルト
3.牛乳
4.低脂肪乳
だったらかなり迷うだろうが、
1.コーラ
2.牛乳
3.オレンジジュース
4.ビール
という選択肢だったら、必然的に牛乳になる、という感じ。
(かえってわかりにくいか。)

ちなみに今回、選択肢の中にサンダルウッドが含まれていたが、
香りテスト用の小瓶が渡された時点で、
少なくともサンダルウッドではない、ということはわかった。
サンダルウッドは粘性があるからね・・・。

そうそう、香りテストは本当に香りだけなので、
紙につけたりすることが出来ない。
色が付いている精油もあるので、それも判断材料になるんじゃないかと思っていたが、
ビンから出さないように、と試験前に指示があった。

それにしても困ったのは、近くにいた受験生の中に、
明らかに香水をつけてきた人がいたこと。
香りテストがあるってわかっているのに、なんでそういうことするかなー。
(他の人への嫌がらせにしては、自分へのダメージも大きすぎやしないか?)

理論の方の試験は、先生からお借りしていた問題集をしっかりやったおかげか、
割合すんなり出来た。
問題集の方がよほど難しかったと感じたくらい。
あ、いや、それでも試験は水物だから、あんまり大きなことは言わないようにしとこ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
試験、お疲れ様でした。
よい結果が届くといいですね!

時間に絶対遅れてはいけない日には、朝方に遅刻する夢って
見ますね。
私も夢を見て、あわてふためいたことが何度かあります。

さて、我が家のスプラウトは結局スポンジに巻き付くことなく
くるくると丸まりながら、どうにかにょきにょきと育っていて
やはり、緑色の双葉に完璧になってしまいました。

1つ味見をしてみたら無事に買うようなスプラウトの味がしました。
2007/11/06(火) 12:48:24 | URL | chiki #Whoz9x2Q[ 編集]
慌てる夢
そうなんですよね、アロマ検定はさほど難しい試験ではないとはいえ、
半年に一度しかなく、しかも神戸まで行かないと受けられないので、
それなりに気持ちが焦っていたのかもしれません。
なんとなく小心者みたいで(小心者なんだけど)、
こういう夢を見る、ということに妙に悔しくなります。

スプラウト、その後はうまく育ったみたいでよかったですね。
これで楽しくなってきたら次々やりたくなりますよ~。
2007/11/06(火) 22:46:46 | URL | mugimi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。