mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤキ
2007年11月13日 (火) | 編集 |
タイヤキ食べたい。(←矢野顕子の名曲「ラーメン食べたい」のパクリ)

先日借りた「おたんこナース」を読んでからというもの、
タイヤキが食べたくてしょうがない。
同じタイミングで読んだはずのダーリンは、
まったくタイヤキには引っかからなかったらしいので、
やはり感受性は人それぞれ。

近所のスーパーでは冷凍タイヤキを売っていて、
案外これがバカに出来ないのだが、
いかんせん風邪でやる気が起きず、スーパーまで行く気になれない。
(それに人がたくさんいるところに行く気になれない)

タイヤキ~。

在宅ワークをしつつ、頭の中に浮かぶのはタイヤキのことばかり。
ついネットで検索してしまったのだが・・・。

あああ、そうだった、倉敷には「鯛よし」というタイヤキの名店があったのだった。
藤戸寺
という、由緒正しきお寺のすぐ近く。
ただ、倉敷市というのは意外と広い。
地図で見ると、我が家からはざっと10キロといったところか。

車を出してしまえばさほどの距離ではないはずなのだが、
この藤戸の辺りは歴史ある由緒正しき土地なので
(平家物語でも「藤戸の合戦」として登場する)
つまりはものすごく道が細くてくねくねしたところ。
しかもこのお店は店先でタイヤキしか売っていないため、
駐車場はおろか店先で食べるスペースもない。

なので、この辺はタイヤキ目当ての車があちこちに路駐していて、
そのせいで渋滞が引き起こされたりしている。
私は車の運転がニガテなので、こういうところに行くのはご遠慮申し上げたいところ。

うーん、近くのスーパーとかに(こそっと)停めて歩いていくとか、
あるいは最初からあきらめてバスで行くかかなあ。

せっかく藤戸の方に行くなら、
フレッシュフレッシュ
というパン屋さんにも行きたいところ。
ちょっぴり離れているかな・・・。

うーん、藤戸寺の近くには、倉敷銘菓の藤戸まんじゅうの本店もあるなあ。
薄皮まんじゅうっぽいこしあんのおまんじゅう。

そういえば、茶屋町の駅の近くには、
「ひまわり」というパン屋がある。
ここはランチが食べ放題
なんというか、パンって、一個100円とか150円とかするものをトレイに載せるでしょ?
ここももちろんそういうパン屋なのだが、
ランチをバイキングにすると、そういう一個100円とか150円のパンを、
トレイではなくてお皿に載せて席まで戻って食べる。
食べ終わったらまたお皿を持ってパンを載せて席まで戻って食べる。
(以後繰り返し)
これにドリンク・サラダも付いて750円。
まあどれくらい食べられるかにもよるだろうが、
我が家だとかーなーりー元を取れる。

風邪が治ったら、パン食べおまんじゅうタイヤキ購入ツアーを計画しよう・・・。

そうそう、豆知識として。

上述した「藤戸寺」には、中学時代に誰もが覚えさせられたであろう、
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。」
の、沙羅双樹がある、そうでゴザイマス。
(実はワタクシ見たことないのだけどね)

気になる方は「藤戸寺」「沙羅双樹」で検索すると、
個人サイトがあれこれ出て参りますよ~。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。