mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美保関-境港
2007年12月10日 (月) | 編集 |
美保関で泊まった宿の近くには、干物を売っているお店がたくさんある。

071210-1


魚をさばいて干している現場にもよく出くわすので、
ここで捕れた魚をすぐにさばいて干している、ということである。
(実に当たり前の話だといえばその通りなのだが。)

071210-2


なんというのか、この後行った境港の海産物屋で、
わかめが売られていたので袋を裏返してみたら
「産地 中国」になっていたりしたわけである。
そりゃ境港ではわかめはとれないだろうが・・・。

イタリアに行ってしゃれた小物でもお土産に、と思ったら、
MADE IN CHINAと表記されていたような気分というか。

そういう意味では美保関の、
「ここで取れたものをここで売る」という、
すこぶるストレートで、かつシンプルなことが、
逆に新鮮に見えてしまうわけね。

071210-3


別にそんなに難しいことを考えていたわけではないが、
去年カマスの干物をちょこっと買って帰ったら、
これが実に美味しくて「もっと買ってくればよかったー」と地団駄を踏んだので、
今年はアジ・カマス・豆アジの干物をどっさり購入(それでも2000円)。
どっさり買いすぎて車の中が干物くさくなったほど。

美保関から境港の鮮魚売り場へ。

071210-4


やはりこの時期はどこを見てもカニカニカニ。

071210-5


カニは前日に満喫したのでここでは結局何も買わず。
(ホントはアジとかイカとか買おうかと思ったのだが、
帰宅してからさばいたり調理するのが面倒という理由で断念)

やや米子方面にある「大漁市場 なかうら」へ。

071210-6


ここで売られているスナックは、
エビやイカ、シラスボシなどを高温で一瞬にしてプレスする、というもの。
(店内で作製されている。)
塩も何も調味料なしでプレスするだけなのだが、これが実に美味しいの!
ここでもしこたま購入してしまった。

店前にいる鬼太郎の足下には、一反木綿が・・・。

071210-7


(目元を踏んでいるのはダーリンではありませぬ)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
軒先から干してあるのは、いかの一夜干しでしょうか?
すごく大きくて美味しそうです。
地元の魚で作られている干物はきっと美味しいんでしょうね、カニにひきつづきうらやましいです。
2007/12/11(火) 16:47:57 | URL | chiki #Whoz9x2Q[ 編集]
確かに
すごく大きかったです(店先に干してあるのは)。
お店の奥にはもう少し小さいのも干してありました。
値段は大きさによってまちまちでしたが、大きいものだと1000円くらいだったかな?
イカは買いませんでしたが、買ったらかなり食べ応えがあったと思いますよ。
カマス、アジはホントに美味しいです~。
(と羨ましがらせてみる)
2007/12/12(水) 18:27:55 | URL | mugimi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。