mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピュアカラークリスタルシアーリップスティック No.357
2008年01月07日 (月) | 編集 |
先月末の29日、ダーリンとあちこち行ったのだが、
(詳細についてはダーリンのブログ参照)
そのうちの一つが総社市にある軽部神社。

知人から「お乳の神様なんだって」と聞いたのは数ヶ月前のこと。
乳ガンでつらい思いをした友人の顔がすぐに浮かび、
すぐにでも参拝せねば、と思って「それ、どこ?」と聞いたものの、
今ひとつ場所がよくわからない。
しかも教えてくれた知人曰く、
「ちょっと寂しいところにあって・・・。
人通りも少ないし、一人で行くのはちょっと怖いかも」
という。

私は車の運転というのがすこぶるニガテなので、
知らない道を一人で運転するのは怖いし、
まして最初から「寂しくて怖いところ」と聞くとどうも尻込みしてしまう。
しかもダーリンに「お休みの日に行こうよ」と言っても、
「うーん」と気乗りしない返事。
(彼は神社仏閣名所旧跡にはほとんど興味を示さないのである)

まあ、そんなわけで、「行きたいなあ」と思うこと数ヶ月。
年末年始に「絵はがきの旅」をしよう、という話が出たので、
ここぞとばかりに入れてやったというわけ。
で、この絵はがきを引いたら、ちゃんと行ってくれるのが、
ダーリンのかわいいところ。

ようやく念願かなって参拝出来た。
今回は全て「電車での旅」だったので、
事前に地図で調べてみたら、最寄り駅は伯備線の清音駅。
駅からは歩いても大したことない距離。10分もかからないくらい。

知人が言う「寂しくて怖い」というのは、
当たらずとも遠からずの表現であった。

というのは(写真を取り忘れたが)
このあたり、田圃だらけのところにぽつんと神社があるため、
人通りが確かにほとんどない。
神社といっても祠(ほこら)の一回り大きいサイズ程度なので、
絵馬とかおみくじを売っているようなところもなければ、
管理している人がいる気配もない。
なので、建物も結構ボロボロだし、敷地も雑草だらけ。
周りは田圃だらけだがこの神社の周辺だけは木がうっそうとしているので、
この敷地の中で殺人事件でも起こったら(!)、
しばらく発見してもらえなさそうな感じ。

そうはいっても一歩外に出たら、
のんびりとした田園風景なので、そういう「おどろおどろしい雰囲気」
ではないんだけどね。

神社の中にはお乳の形の絵馬がたくさん奉納されている。

080107-03


「お乳の形の絵馬」という話は聞いたことがあったので、
行く前はてっきりこの神社の境内でそういう絵馬を売っているのだと思ったが、
上述したように絵馬など売っている気配はみじんもない。

答えは神社の外にあった。

080107-01


「乳の形の絵馬を作り奉納すれば」
なのだそうである。
そうか、先に作っておかなくちゃいけないわけね。

この神社を有名にしたのは「垂乳根の桜」らしい。

080107-02


かわいそうに、今はこんな姿になっている。

080107-04


どうあれ、神様にはいろいろとお願いをしてきた。
聞いてもらえますように・・・。


話は変わるが、このあと数カ所行った中に、
何故か岡山高島屋の「エスティローダー」がある。
これは先日のパーソナルカラー診断で、
「麦実さんに似合いそうな口紅はこんな感じ」といって、
先生が手持ちの口紅から見せてくれたもの。
型番を覚えておいたので、そのうちどこかで買おうと思っていたのだが、
「年末に行きたいところを絵はがきにしてね」と言われたので
じゃ、と思ってそれも絵はがきに作って入れておいたというわけ。

で、その絵はがきを引いたら、
それにもちゃんと行ってくれるのがダーリンのかわいいところである。
(何でわざわざ口紅買いに行かなくちゃいけないのか、
という疑問は彼からは出なかったからねえ)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。