mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アグリー・ベティ
2008年05月18日 (日) | 編集 |
一緒に英会話を習っている知人、
このところメキメキと上達してどんどん差が開いていく。

むむむ、まずいな。

私なりにはちょこちょこと車でテープを聴いたり、
NHKテレビの英語番組は全て録画して見ているものの、
その程度ではとても差が縮まらない。むしろ広がっていく感じ。

というわけで、一体何をやっているのかと聞いてみたところ、
まず一つはポッドキャスト。
サイエンス系のトーク番組みたいなものがあるので、
それをダウンロードして通勤時に聞いているとのこと。
ジャンルはいろいろあるが、この知人も私の同業者なので、
サイエンス系なのはそのせい。
アメリカで作られているものなので日本語が出る幕はないばかりか、
インタビューは電話を通じてやっているので実に聞き取りにくいのだとか。
でも頑張って聞いていると徐々にわかる部分が増えてくるし、
いくつも聞いているとよく使われるフレーズに気づいてくる。
そういうフレーズを使うようにしてみたら「自然な会話」に近くなってきたらしい。

もう一つは海外ドラマ。
この方はもともと映画やドラマが好きなので、
最近流行りの「HEROES」を見始めたらハマったらしい。
なるべく字幕を見ないようにして会話を聞くようにしていたら、
「ああ、こういいたいときはこう言えばいいのか」
という「使えるフレーズ」が多いことに気づいたのだそうだ。
で、それを英会話のレッスンで試してみたらすんなりいくので、
ますます「自然な会話」に近づいているらしい。

なーるーほーどーねー。

確かにNHKの英語番組でもいいといえばいいわけだが、
「自然な会話」となると・・・。
「赤毛のアンを原書で読む」ようなものだと、
知識は増えるが会話的にはあまり役立たないかも(もちろんゼロではないが)。
関係ないがこの「赤毛のアンを原書で読む」シリーズの講師役、松本侑子さん、
声がかわいくてうらやましい。
こういう声になりたかったんだけどなー。

まあそんなわけで。

私も英語ドラマを見よう、と思い立った。
その知人によると「HEROES」は特に
日常に使えるフレーズが多いので役に立つという。
これが「24」や「ER」だと、非日常的な会話が多いので、
あまりオススメしないんだとか。

HEROESねえ・・・。

わざわざDVDを借りるのもナンだしなあ(だって何巻もあるんでしょ?)。

そんなことを考えながらスカパーの番組表をぱらぱら見ていたら、
海外ドラマをたくさんやっている、スーパードラマというチャンネルに気が付いた。
5月28日から、まさしくこのHEROESを初回から放送するとある。

おおおっ、まるで私のために!?

しかも、今月からアグリー・ベティの放送もあるという。
「面白いらしい」という話を聞いたので気になってたんだよー。

しかも都合の良いことに、
ウチのマンションでは倉敷ケーブルテレビがつながっていて、
倉敷ケーブルテレビ経由でこのスーパードラマが見られるのである。

先日(5/17)、アグリー・ベティの1回目から4回目まで、
一挙放送があったので見てしまった。
そしたら面白いの!!
なんだかストーリーに引き込まれてしまった。

が、問題は・・・。

吹き替えだったことよ・・・。
(英語の勉強にならないじゃん)

(注):スーパードラマでは同じ番組を、吹き替えと字幕の両方で、
別の日に放送している。
放送日に気をつけていさえすれば、字幕バージョンを見ることも可能。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。