mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退官記念パーティー
2008年10月22日 (水) | 編集 |
前の前のボスである、博士課程での指導教官(つまりは教授)は、
今年度(つまりは来年3月)で定年退職である。

教授が定年を迎える、といったら、
付き物なのは「最終講義」と「退官記念パーティー」。

私が今まで見た感じでは、基本的には華々しいセレモニーである。

卒論の時についていた先生が定年退官をされるときは、
大会場での最終講義だった。
ゆかりのある方々が勢揃いされたので、
そりゃもう豪華な顔ぶれだったし、
内容も「これまでの私の研究人生」のような、自伝的な講義。
最後はもちろん花束贈呈で終わる。

といっても、そういうのを好まない先生も多く、
時間割的に最後に当たった講義を、
文字通りの「最終講義」にされる先生もいらした。
この場合は普通に教科書を開いて普通に講義をして、
「今年の講義はこれで終わりです」で終了。

「最終講義」と聞いて他大学からゆかりのある先生方もいらしていたので、
拍子抜けしていたのを目の当たりにしたこともあるほど。


退官記念パーティーの方も、
ゆかりのある先生方を招き、卒業生も勢揃いして、
かなりフォーマルなパーティーになる場合が多かった。
卒論の時についていた先生はかなり有名な先生だったので、
最終講義とは別に、
「○○教授退官記念・国際シンポジウム」と称して、
海外からもゆかりのある研究者を招いてシンポジウムがあったほど。
(で、そのあとパーティーがあったというわけ。)


私の前の前のボスは、華やかなことが嫌いなわけではないのだが、
「普通はこうするんですよ」
「みんなそうしてますよ」
といわれると、途端に反発するという性質がある。
で、「最終講義はナシ」「パーティーするならワシは参加しない」
という、わかりやすーい状況になった。

とはいえ困ったのはスタッフの面々である。
本人の意志とは言っても、なにもしなかったら、
「あそこの研究室は気が利かないから誰もなにもしてあげなかった」
と言われそうだしねえ。


・・・というわけで、頭の回るスタッフMさんが、
「パーティーという形ではなく、
これまでの歴代卒業生に集まってもらって、
久しぶりの顔ぶれを眺めながら会食というのはどうでしょう」
と提案して、ようやくOKが出た次第。

それでようやく一つの形が出来た・・・のだが。

考えてみると、この教授は今の研究室に来る前、
かなり長いこと他大学の助教授だったのだった。
だから、今の研究室の卒業生って、そんなにたくさんいないのである。

数えてみると・・・。

留学生を含めて16人。
(私も含めている。)
留学生の2人はそれぞれ母国に戻っているので、
まあまず来ないだろうし、来るといっても教授が
「わざわざ来なくていい」と言いそう。
(仲が悪いという意味ではなく、そこまでして来るほどのものではない、
という意味で言いそう。)

となると残り14人。

このうち1人の女性は確かまだお子さんが1歳とかそれくらいなので、
(しかも確か東京に住んでいるので)
子供を連れても、置いても、わざわざ岡山まで出てくるのはシンドイかな。

さらに卒業後、一切連絡がなく、
今どこにいるのかすら(はたまた生きているのかすら)
わからないのが2人。

そう考えると、多く見積もっても10人ちょっとか。


私自身は、卒論でついた先生には1年しかお世話になっていないとはいえ、
1年間しっかりお世話になったという自覚があったせいか、
(つまりはしっかり迷惑をかけたという自覚があったせいか)
最終講義もパーティーも(それぞれ別の日だったが)東京まで行った。
残念ながら昨年亡くなられたので、お葬式のときも東京まで行って、
出席させて頂いた。

と、考えると、修士時代の2年間って、
結構長い(考えようによっては短いかも知れないが)。
その間にどれだけ教授にお世話になったと思うかは人それぞれだと思うが・・・。

仕事とか、家のこととか、休みとか、移動にかかる金銭的なこととか、
いろんなことはあるけれど、
出るかどうか、というのは、最終的には気持ちの深さなのかなあ。

はたして、多く見積もった10人ちょっとのうち、
「出ます」といってくる、深い気持ちを持った人は何人いるのだろうか。

私の予想だと(かなり悲観的だけど)、7人、かな・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。