mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾旅行・チャイナエアライン編
2008年12月12日 (金) | 編集 |
今回の台湾旅行で使用した航空会社は「チャイナエアライン」。

7月に香港に行ったときは「香港エキスプレス」という航空会社の、
「岡山-香港」便を使用したのだが、
あのあとすぐにこの路線は廃止になってしまった。

わからなくもない。

この香港エキスプレス航空、いろんな意味で印象的で・・・。

・機内が寒い。
・それなのに毛布を積んでいない。
・トイレが二ヶ所しかないのでいつも渋滞。
・機内食がものすっごくマズイ(コーヒーまでマズイ)。
・機内誌がなくてヒマ。
・映画が広東語音声・北京語字幕なのでさっぱりわからない。

というおそろしいフライトだったのである。

今回のチャイナエアラインは初搭乗なのでどんな航空会社かわからなかったが、
前回の教訓を生かし、
・着込んで暖かくしておく
・ヒマに備えて雑誌や本を持ち込んでおく
・食事は無いものと考えて現地に到着したらすぐに食事に行けるようにする
という計画を立てていた。

しかし。

予想に反して(失礼!)
・機内は多少寒いが毛布を十分に用意している
・機内誌はないがショッピングカタログが充実していて面白い
さらにさらに、
・機内食がすごく美味しい
という嬉しい誤算。

行きのフライトでの食事はこちら。
081212-01

メインはチキンライス(要はそぼろ丼)
豚肉と野菜のマリネ(←これがものすごく美味しくて家でも作ろうと思った次第)
フルーツ各種
パン、ワッフル。

飲み物はいろいろ選択肢があるので、白ワインをオーダー。

食事が美味しいのに気をよくして、
アテンダントの男性に「どれもこれも美味しい♪」といったら
白ワインをお代わりさせてくれた。
すっかりいい気分♪

さらには食後のコーヒーも入れたてで美味しい。

うーん、満足♪

・・・と思ったのだが。

帰りのフライトの機内食が、ものすごく美味しくなかった。
081212-02


メインはポークヌードル。
茹ですぎた後放っておいたパスタにどろどろのクリームソースをかけた、
という感じ。
さらにはイカの細切りを茹でてマヨネーズで和えたサラダ
(私はマヨネーズが嫌いなので・・・)
ゴマのパウンドケーキが唯一救い。
極めつけはコーヒーが不味かったこと。
かなり前に入れておいて、そのあと酸化して煮詰まったような味。

通知票でいったら、
行きの機内食は5段階でかなり5に近い4(5でもいいかも)
帰りの機内食は5段階でかなり2に近い3(むしろ2かも)。

やれば出来る子のハズなのに・・・。

つまり、
広島空港で積んだ食事は、
広島のどこかの工場が気合いを入れて作っていて、
台北空港で積んだ食事は、
台北のどこかの工場が気合いを入れずに作っている、ということか。
(コーヒーは機内のスタッフの心意気・・・?)

そうそう、行きは3時間くらいかかるのだが、
帰りは1時間50分のフライト時間。
そうなるともう札幌に行くのと変わらない。
それでいてアルコールも食事もシッカリ出るのだから、
あっという間のフライトだった。

持っていった文庫本は、一冊しか読めなかった・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。