mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同窓生の見分け方
2006年12月25日 (月) | 編集 |
激しく内輪ネタ。

ダーリンの高校時代の同級生、マリンさんのページを見ていて、
突然ダーリンに
「ねえねえ『私はリヨンで医学を学んでいます』って、なんていうの?」
と聞いたら、
「〇×△□☆※+・・・」といきなり口走ったので驚いた。
(私はフランス語が全然わからないので一言も聞き取れなかったためここにも書けない)

もうちょっと、「何でそんなこと聞くの?」とか、聞かれるかと思ったのに、
いきなり口をついて出るとは・・・。
何でそんなにすらすら出てくるのかと聞いたら、
「これはテキストで最初のほうだったから」とのこと。ふーん。

内輪でない読者向けに説明すると、
ダーリンとマリンさんが通った高校は(高校なのに)第二外国語が必修で、
フランス語の授業があったということ。
私など英語だけでイッパイイッパイだったというのに・・・。

そのあとあれこれ考えたのだが、ウチの学校の場合だったら、多分
My heart leaps up when I behold
A rainbow in the sky:
(以下延々と続く)
かなあ。
これはWordsworthの詩なのだが、ホントに死ぬほど暗唱させられた。
何でも、当時の英語のO川先生(伏字である)が卒業生から
「先生というと、『11月は勉強月間です』とはっぱをかけられたことしか覚えてない」
といわれたそうで、それがあまりに悔しかったらしい。
それで、
「皆さんがワタクシを思い出したときに
My heart leaps up・・・と連想してくださればそれでよろしいのよ」
といって、ホントに何ヶ月にも渡って暗唱させられたのだった。
その効果は絶大だった・・・。

あとすりこまれてるのは「アフリカンビート」かな。
これは体育祭で三年生が毎年踊るダンス。
ヘタしたら今でも踊れるかも・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。