mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国コスメ話 その1
2009年04月21日 (火) | 編集 |
海外に住んでいる外国人の友達から
「日本のファンデーションって優秀なんでしょ?今度送ってよ」
と言われたら、どうするだろう。

まず、困る。

何かで読んだことがあるが、無人島に一つだけ化粧品を持っていくとしたら、
という問いに対し、欧米の人は
「アイシャドウ」
「マスカラ」
とアイメイク用品を真っ先に挙げる人たちが多かったらしい。
一方、日本人は圧倒的に
「ファンデーション」
を挙げる人が多かったとのこと。

つまりそれだけ日本人はファンデーションを重視しているわけである。
そうなると「カバー力のあるもの」「顔色を明るくしてくれるもの」あるいは
「塗っているけれども自然に見えるもの」「紫外線防止効果の強いもの」
などなど、機能が多種多様になってくる。
しかも顔色は人によってさまざまなので、
オークル系ピンク系だけでなくイエローオークル、ピンクベージュなど、
それこそカラーバリエーションは豊富にある。
さらにはクリームタイプ・スティックタイプ・パウダータイプ、
あるいはウォータータイプなど形状もさまざまで、
それは肌質あるいはそれぞれの人の使用感でどれを選ぶかが決まってくる。

となると、上記の「ファンデーション送って」というのが、
いかにおおざっぱな難題かがわかるだろう。


韓国では最近BBクリームというものがあって、
それがすごくいいらしい。

「韓国行くの? じゃ、BBクリーム買ってきて」

というのははっきり言ってその「無理難題」に近い。

この「BB」というのは「Blemish Balm」の略。
欠点を補うクリーム、という意味なので、決して一社の商品名ではなく、
肌のくすみやシミを隠せるクリーム(美容液入りファンデーションに近い)の総称なのである。

つまり、コスメ各社からBBクリームというものは多数発売されており、
それぞれに
「カバー力が強い」であったり、
「素肌感がある」であったり、
「紫外線防止効果が高い」であったりという特長がある。
よってコスメ一社からでも複数のBBクリームが発売されているのに、
コスメ会社が何社も(何十社も)ある場合、
頼んだ人の肌に合うクリームを探し当てるのは容易ではない。
(と言うか、不可能だろうな)。

帰りの空港で国際電話が出来るらしいケータイを片手に
「ねーちゃん、BBクリームっていっぱいあるんだけど、どれがいいの?」
と言っている日本人がいたのだが、そりゃそうなるだろうねえ。
(というか、帰る直前に探している時点で「負け」感があるが・・・。)

そうはいっても自分に合うクリームを探そうと思う場合、
韓国のコスメショップは実に楽しい♪
言葉が通じなくても一生懸命説明してくれるし(客だからだろうけど)、
どこのお店でもテスターは快く使わせてくれる。
(日本の場合、ドラッグストア系のコスメは割合気軽に試せるが、
デパートのコスメはどうも「買わないなら使わないでよ」という雰囲気があるからねえ)
しかも韓国はお土産天国らしくて、買っても買わなくても、
店に入っただけでサンプルやコットンをくれたりする。
(大盤振る舞いのお店だとシートパックをくれたりもする)

しかもウォン安だからということを除いても、
韓国コスメは安い!
IKKOさんじゃなくても、まとめ買いしたくなる気持ちもわかるなあ・・・。

コスメ話はまだまだ続く。乞うご期待!
(楽しみにする人がいるかどうかは知らないが)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。