mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国コスメ話 その2
2009年04月22日 (水) | 編集 |
韓国コスメ話の続き。

BBクリームの「元祖」はハンスキンというメーカーである。
後発他社がどんどんBBクリームを出して話題になっていても、
「やっぱりハンスキンのBBクリームが一番」という韓国女性は多いらしい。
今回のガイドのアンさんもハンスキン愛用者だそうで、
「他社製品に比べたら高いけど、一回に使う分はわずかだから長く持つ」とのこと。

今回印象的だったのは、韓国のコスメショップは基本的に「直営店」だったこと。
日本のドラッグストアのように各社の製品を一同に並べているのと違い、
例えばDHC、オルビス、ファンケルの直営店のようなお店があちこちにある感じ。

つまり、仮に口紅を買いたい場合でも、
ドラッグストアのように各社の製品が一同に並んでいるわけではないので、
一店一店を回らないといけない。

そのメーカーのものしか置いていない、ということは、
商品数が限られていれば店そのものも小さくなる。
よって、コンビニの1/3程度のコスメショップがたくさんあるというわけ。

しかも不思議なことに、例えばミョンドンにある通称「コスメストリート」の場合、
ものすごく狭いエリアの中に、同じメーカーのショップがいくつもあったりする。
延々とコスメショップが続くように見えるが、
実際は同じものをあちこちで売っているだけという、一見非合理的な作り方である。
しかし帰りの仁川空港でも「同じ内容の同じ免税店がいくつもある」ことに気づいたので、
これが韓国的なやり方なのかもしれない。

そんなわけで小さいお店がひしめいているわけだが、
まず店内に入ってもらわないと話にならないせいか、呼び込み合戦がすごい。
前にも書いたように、店に入っただけでおみやげをつけてくれたりするので、
道を歩いているといきなりパックを渡されて思わず受け取ったら店内に連れて行かれたりする。
(ただし「店に入る」ことが重要なので、買わずに出てもイヤな顔はされない)

今回私が買ったあれこれはというと。

ピンクのふりふり制服がかわいらしいエチュードハウスのもの
090420-01.jpg

上段左から
寝ている間用のパック 保湿用
寝ている間用のパック 毛穴引き締め用
ハンド・フットクリーム
ピーリングジェル
BBクリーム
クマ用アイパック

下段左から
マッサージクリーム
ハンド用シートパック
ザクロエキス入りシートパック
くちびる用角質除去マッサージジェル

というラインナップ。

まだ開けていないものもあるので全部の感想は書けないが、
ハンドクリームはシアバターの含量が高めなので割とこってり系。
(塗ったあとにガラスのコップなんか触ったら指紋が付きまくる感じ)
「スチームミルク」という表記があるが、確かにミルキーな感じの優しい香りがする。
(それでいて華やかな香りでもある)

今回買ったBBクリームは一番オーソドックスなタイプ。
わずかな量でもよくのびるしさらっとしていていい感じ。
SPF値も30なのでこれからの時期に使いやすいかな。

くちびる用のマッサージジェルは思ったのと全然違っていて、
ワセリンに粗塩が入っているようなイメージ。
なので水では洗い流せないので、ふき取る必要がある。

エチュードのものは他社に比べると安いせいか、
つい気軽にカゴに入れてしまって・・・。
結局たくさん買ってしまったのはそのせい。

It's Skinで買ったのはこの2つ。
090420-02.jpg

ピンクグレープフルーツの香りがみずみずしい、
フェイシャルミストとボディミルク。
私はグレープフルーツの香りが好きなので、ついテスターを手に取ったら、
思ったよりみずみずしい香りで気に入ったので即買い。
(他にもボディミストやボディソープなどもあったので、
フルラインナップを揃えたら楽しかったかもしれない)
もちろんグレープフルーツ以外にもいろんな香りの製品があったので、
気持ちにピタッとくるものがあったらすごく楽しいかも。

banila co.の店でもあれこれ試したが、
左のハンドクリームがめっちゃ優秀なのにびっくり。
090420-03.jpg

肌にすっと馴染んでしかもべたつかないし、香りもすごく良いの。
(red currantの香り。無理矢理訳すと「赤スグリの香り?」)

右側のハンドクリームはもうちょっとこってり系。
「シワ防止用」だからね・・・。

innisfreeで買ったのは赤ワイン成分が入ったピーリングソフナーと、
寝ている間用のパック。
090420-04.jpg

ボトルが赤ワインのデザインで実にかわいらしいの♪
この2つのセットには、最初から、
箱に入ったコットン、洗顔フォーム、パック、BBクリームのサンプルが付いているのに、
買ったらこれとは別にもう一箱コットンとSPF値50の紫外線防止クリームをくれた。

ちなみにこのソフナーは毎晩ダーリンに使っている。
洗顔後、コットンに少し液を取って優しく肌に乗せてこすると、
ぼろぼろと角質がとれる(というのは言い過ぎだけど)。
そのあと柔らかくなった肌にパックを塗って一晩寝ると次の日はぷるぷる、というわけ。
数日使っただけでダーリンの肌がもっちりしてきたので、
しまった、こんなに効果があるならまとめ買いすれば良かった、と後悔・・・。

「食べられる素材で作る」ことにこだわっているのが「Skin Food」。
ここはパッケージも割合エコな感じで、素朴でかわいらしい。
090420-05.jpg

いくつか買ってみたが、コーヒー風味(のはず)のリップクリームは今ひとつだった。
(あんまりコーヒー風味がしない)
しかし! 左側の「チョコ メルト リップ チューブ」は本当にチョコ風味がする!!
食後に塗り直すと、何となくチョコレートを食べたあとのような気分になって、
何となく満足する。
(風味だけで満足出来なくなって本当のチョコに手が伸びる人はやめた方がいいかも)

こちらはTonyMolyのもの。
090420-06.jpg

似たような製品は各社からあるので、「どれが一番!」とはなかなかいいにくいのだが、
ここで買ったアイペンシルおよびリップペンシルは両側に一色ずつあるので、
一本で二色ある。
それくらいなら他社でも似たようなものがあるのだが、
片方の色は気に入っても片方のは気に入らない、なんていう場合、
せっかく二色あっても片側しか使わないことになる。
ここの製品は同じ系統の色を微妙なグラデーションで両側に配置しているので、
どっちも使えそうな感じがして気に入ったわけ。

今回は買わなかったが、他にもfaceshop, Misshaなどなど、
ステキなお店がたくさんあって・・・♪
一軒一軒で試し倒していたら、ホント、一日なんてあっという間ですよ~。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。