mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一本桜・厳美渓の郭公だんご
2009年09月27日 (日) | 編集 |
そういえばわんこそばの前に小岩井農場に行ったのだった。

農場に入るには入場料500円がかかる。
そこをケチるワタクシたち夫妻。

農場に入らずとも売店があるので、
そこで牛乳やらクッキーを買って、
のんびりした原っぱ(というか牛舎の横)で牛乳を頂いたのだった。

小岩井農場の広い広い敷地の中に、通称「一本桜」がある。
NHKの朝ドラ「どんど晴れ」を見ていた人にはおなじみ。
090922-01.jpg

このときちょうど天気が悪くて岩手山に雲がかかってしまったのが残念。

ドラマでは木のそばまで行っているが、
実際はかなり手前でロープが張られているので、
木には近づけないのだった。

でもなんだか感動的な景色である。


わんこそばのあとに向かったのが一関の厳美渓。

このときは知らなかったのだが、数年前の東北の地震の際、
この辺もかなり大変だったらしい。

今ではこんなに美しい風景なのだが
090922-02.jpg

当時は土砂が流れ込んできて、観光客も激減したのだとか。

この厳美渓の名物が「空飛ぶ団子」。
正式名称は「かっこうだんご」である。
今は観光客もたくさん集まっている。
090922-03.jpg

てっきり空を飛ぶから「滑降」だんごなのだと思っていたが、
よくよくいろんなものを読んだところ、
このだんご屋の初代店主がかっこうの鳴き声が得意だったことに由来するらしい。

なので、店には「郭公だんご」と書いてある。

店から川の対岸へとロープが張られていて、
カゴにお金を入れ、
090922-04.jpg

木札を叩く。
090922-05.jpg

するとするするとカゴが上がっていき・・・。
090922-06.jpg

すかさず飛んでくるのがこちらのお団子。
090922-07.jpg

中は黒ごま、みたらし、あんこの三種類。
090922-08.jpg

この黒ごまが美味しくて美味しくて・・・(にっこり)。

ダーリンはこの前にわんこそば131杯を平らげているので、
てっきりだんごは食べないのかと思いきや、
半分以上食べてしまったのだった・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。