mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断食道場
2009年10月27日 (火) | 編集 |
断食道場、なるものに行ってきた。

一ヶ月ほど前に友人から誘われて、「行く行く」と言ったものの、
一体どういう施設でどんなことをするのかさっぱりわからない。
そもそも「施設」なのかどうかもよくわからない。

そんな話を親にしたら絶対バカにされるか反対されるかなので、
親には内緒にしていたのだが、姉についメールで書いたら即座に筒抜けになり、
やはり「そんなところ行かなくていいのに」とバカにされたらしい。
(らしい、というのは姉が「お母さんがそう言ってたよ」と伝言してきたため)


「あなたという人間は、あなたが食べたもので作られる」
という有名な言葉がある。

決して褒められるレベルではないが、
一応私も口に入れるものには気をつかっている(つもりである)。
基本的に薄味にしているし、あまり外食もしない。
揚げ物もあまり食べないし(作るのが面倒だからという理由もあるが)、
そんなにお酒も飲まない。
食品添加物、例えば着色料、香料、保存料などが入っているのも避けるので、
味噌や醤油でも添加物が入っているものは使わない。
ちなみにご飯は玄米である。

そのおかげなのかどうかはわからないが、
少なくとも今年の血液検査の結果は良好で、
しいていえばLDLコレステロール値が「低すぎ」と出たことと、
相変わらず血圧がやや低めなことくらい。
なので、食生活に問題はない、と思っていたのだが・・・。

最近「マクロビオティック」という言葉をよく見かけるようになった。
肉や魚、砂糖を避け、玄米を中心とした農産物海草類を基本とする食事法である。
(ものすごくおおざっぱな説明だが。)

さらに最近では「ローフード(raw food)」という言葉もチラホラと聞かれるようになった。
その名の通り、火を通さずになるべく生のまま(酵素やビタミンを壊さずに)
摂取しようという食事法。

それ以外にも、「オーガニック」「自然農法」・・・など、
食べるものに関しては次々といろんな用語やら食事法が出てくる。
ダイエットというキーワードをそこに入れればさらに
「鈴木その子式」「世にも美しいダイエット」「低インシュリンダイエット」「地中海食事法」
といくらでも出てきて、一体どんな食事が正しいのか、
情報ばかりが多くて混乱してしまう。


今回行った先は広島県のかなりの田舎(広島駅から単線の電車で小一時間)。
駅からも少し離れていて、なんとものどかな田園と山に囲まれたところであった。

この会を主催しているのはここにお住まいのご夫婦。
完全な玄米菜食をもう何十年も実行されていて、
ダンナさま(先生)は全国各地で講演会をされたり本を出されたりしていて、
奥様は家で料理教室を開きながら自然食品の通信販売もされている。

そう、ここは「玄米菜食」が考え方の中心だったのである。

私は何も分からないまま予備知識もないままやってきてしまったが、
上述したように、ここはHPもなければチラシを配布しているわけでもない。

先生の講演会を聞いて直接問い合わせをする人もいるにはいるらしいが、
ほとんどは「口コミ」である。
例えば奥様の料理教室に行っていて断食に興味を持ったとか、
一回断食に来た人に話を聞いて興味を持ったとか・・・。

基本的に、玄米菜食をしている人はそれほど多くはないこと、
また玄米菜食で料理教室をしている人となるとさらにぐっと少なくなることで、
日本全国、横のつながりがあるらしい。
なので、今回私に声をかけてくれた友人も、
岡山にある玄米菜食のお店の料理教室で今回の断食の話を聞き、
興味を持って申し込むことにした、というのがコトの真相であった。

(頑張って書いたつもりなのにまだ始まってもいないなあ・・・)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。