mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断食と、排毒と
2009年10月31日 (土) | 編集 |
さてさて、断食道場の話の続き。

何も知らずに行くことになったわけだが、
参加する少し前に手紙が届き、簡単なスケジュールと諸注意が記載されていた。

それによると、参加する当日(初日)は朝から何も食べないこと、
出来れば前日夜から控えるのが好ましい、とある。

まあそんなわけで、
前日の夜から控えて、朝から何も食べずに電車に乗ったのだが、
同行したN嬢と電車の中では「おなかすいた」「おなかすいた」の大合唱。
こんなんで3日間も乗り切れるのかと不安になることしきり。

そもそも、「断食」なんて家でも出来るわけだから、
わざわざ岡山から、電車で何時間もかけて行く人なんているのだろうか、と思ったりする。
「えっ、岡山から? 酔狂ね~」などと言われるんじゃないかとも思ったり。

まあそんなこんなでようやく最寄り駅に到着。
時間は伝えてあるので迎えに来て下さるはずなのだが、
なぜか車が来ていない。

きょろきょろしていると、やはりきょろきょろしている女性が一人いる。
こんな田舎に大きな荷物を抱えている人はそういないので、
もしかして・・・と話しかけたらやはり断食に行くという。

どちらからですか?と何気なく聞いたら、
「兵庫県です」というのでびっくり!

私たちより遠くから来ている人がいるんだ~。

そのあと車が来てくれたので会場まで着いたのだが、
妙に人が多くて雑然としているし、しかもなぜかみんな楽しそうに談笑している。
このときはなぜなのかわからなかったのだが・・・。

部屋を案内してもらって荷物を置いて簡単な服に着替えたあと、
別棟の大きな部屋に移動。
全員で集まってぐるりと輪になって座り(今回の参加は25人)、自己紹介タイム。

「じゃ、こちらの人から一人ずつ」と先生が促すと、

「○○です。大阪から来ました。」

というのでますますびっくり!
わざわざ大阪から!!

しかしそれどころではなかった。

「□□です。滋賀県からです。今回で3回目になります」
「××です。東京から来ました。今年だけで4回目です。」
「△△です。三重県からです。今回でもう10回目です。」

・・・・。

そうか、皆さんリピーターだったのか・・・。
(だから談笑していたのね・・・)

しかも、みんな「食」や「健康」に対する意識が高い人ばかり。

「主人がガンになって、食事を徹底的に変えることで生還しました。
そのときの経験を生かして、今は自宅で天然素材を使ったパンを売っています。」

という方。

「アトピーがひどかったのですが、ここに何度か来て体質改善が出来つつあるせいか、
だいぶ良くなってきたので今回もここに来られて嬉しいです。」

という方。

「大阪で玄米菜食のお店をしています。
もうここ十何年か、かなり厳格に玄米菜食で過ごしています。」

という方などなど・・・。

私のように、甘いものには目がなく、
肉も食べれば魚も食べる、卵も牛乳もバターもどっさり、
という食生活など、とても披露出来ない状態である。
(それでも自分ではかなり食事に気をつかっていると思っていたのだからますます・・・)

ここの断食では、座禅がメイン。
一時間に20分くらいの座禅をするのである。

座禅をするというのも初体験だったのだが、
心をからっぽにするというのも意外と気持ちがよいもの。
最初は時間がもったいない気がしてあれこれと考え事をしたりしたのだが、
徐々に、心を真っ白にするほうがなかなか出来ないことかとも思えてきたりした。

一時間に一回、20分くらいの座禅があるので、
つまり40分はフリーである。
最初はとにかく手持ちぶさただったので持っていった本を読んだり、
座禅でずっと座っていた体をストレッチしたり。

しかしふと見ると、回を追うごとに、フリータイムを寝て過ごす人が増えてきた。
部屋から毛布を持ってきて、かぶって寝ているのである。
それも老若男女を問わず、若い人でもグッタリ寝ている人もいれば、
年輩の方でもお元気な方がいたりする。

徐々に分かってきたのだが、断食をはじめると
体の中でそれまで「消化」にかけてきたエネルギーが、
「排毒」へと使われるようになるとのこと。

この「排毒」もいろいろな形で出てくるため、
人によってはだるさや眠気、あるいは吐き気や頭痛がするらしい。
あるいはものすごく寒くなったりもする。
バッタバタと寝て過ごす人が増えてきたのは、排毒の証ともいえるらしい。

また、基本的には、
口臭がきつくなる、頭のニオイが強くなるなどの「気体」
目やにが出る、鼻水が出るなどの「液体」
腰が痛い、背中が痛いなどの「固体」
の順に排毒が進むらしく、みんなが集まる部屋は確かにすごいニオイが・・・。

私自身は初日は特に排毒の症状は見られなかったが、
2日目は寒くて仕方がないので毛布を下半身に掛けたまま座禅をしたこと、
それと背中が妙に痛くなるという症状が。
最終日になったら背中の痛みは治ったのだが、
今度は朝から気持ち悪くてだるくて・・・。
最終日になってようやく毛布をかぶって寝ている人たちの気持ちが理解出来たわけである。

(まだまだ続きます)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。