mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断食後の食事と変化
2009年11月10日 (火) | 編集 |
断食は終わったものの、続きがある。

断食明けの胃腸は古い汚れが排出されて、
いわば赤ちゃんのような腸になっている。

そこに刺激物を入れたらどうなるか・・・は、ちょっと考えれば想像がつく。

ちなみに断食明けすぐにカレーを食べた人がいたらしいが、
ものすごく吸収の良くなっている腸から香辛料がものすごい勢いで全身を流れたらしく、
全身にじんましんが出たらしい。

こうなってしまうと、また毒素を抜かないと(つまりはまた断食をしないと)
治らないのだという。


だから、断食明けの食事は注意を守って下さい、と念押しされた。


まず断食明けの3日間は、
そば、うどん、そうめん、豆腐、こんにゃく、野菜、天然酵母パンを食べること。
ただし野菜でも芋と豆類は×。パンもバターやジャムはNG。
果物も食べても良いが、冷えのある人は食べないこと(つまり私はダメってこと)。

お米も断食明けの3日間はNGである。

というのは、お米はエネルギーが作られる元なので、
吸収されすぎて体が活発になりすぎるとのこと。
だから最初に「明けのパンとうどんは・・・」と聞かれたわけである。


4日目からはお米は解禁。芋や豆もOK。
ただしアルコール・タバコ・肉類・魚介類は避ける。

一週間後からは普通にしてもよいが、
出来れば断食を機に動物性食品(肉・魚・乳製品・卵)と砂糖、
それにアルコールを断ち、玄米菜食にするのが好ましい、という。


最初、絶対無理だと思った。

何度も書くが、私は甘いものは大好きだし、
肉も魚も食べる。
乳製品だって今までずーーーーーーっと食べてきたのだ。
(アルコールは無くても生きていけるが・・・。)

N嬢とも帰りの電車の中で「どこまで出来るか」という話になったのだが、
2人とも、今後一生玄米菜食をするのは無理だろう、という見解で一致した。
N嬢は甘いものや乳製品はそれほどもともと食べない人ではあるが、
魚がダメというのは無理だという。

それに、友人とご飯に行って「私、肉は食べないの」といったら場が白けるし、
せっかくイタリアンに行っても「メインは肉と魚とどちらにしますか?」と聞かれて
「どっちもダメです」というのなら今後外食も出来ない。

ま、とりあえず、一週間は言われたとおりに守って、
徐々に戻していくかなあ・・・、という意見で一致した。

のだが。

一週間、しぶしぶながらも言われたとおりに実行した。

そうしたら、(前も書いたが)体調がすこぶる良い!
朝はシャキッと目覚めるし、手足の冷えも改善された。
嬉しいのは頭が割合冴えること。
仕事をしていても能率が上がるのでこれは本当に嬉しい。

そうなると、食事を戻すに戻せないのである。

そんなこんなで最近はマクロビオティックのレシピを図書館でどっさり借りて、
あれこれ作っている。

ダーリンはこれも一過性のブームだと思っているらしく
(私も多分そうだと思うのだが)
割合おもしろがっているようである・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。