mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良一人旅・その1
2010年06月03日 (木) | 編集 |
3月の、奈良一人旅。

熊本での学会が土日を挟んでいたため、
思いがけず、2日間、平日に代休が取れたのである。
思えば2月のカルマカウンセリングから、
本当に奈良旅行に行くことになるとは・・・。

朝8時くらいの電車に乗って、相生・姫路・大阪で乗り継ぎ、
大和路快速で奈良に着いたのは12時前。
先を急がない一人旅なので、こういう時に青春18きっぷは便利である。

駅で出迎えて下さったのは、ご存知、せんとくん。
nara1.jpg


どこを見ているのかよくわからず、ちょっとコワイ。

奈良の桜は咲き始めだった。
nara2.jpg


先日行った熊本ではかなり満開に近かったことを思うと、
日本は広いなあとしみじみ。

駅でバスの一日券を購入することにしたのだが、
先日の熊本のようなことがあっては大変、と、

「あのー、同じバス停で同じ路線を走るバス会社がいくつもあったりします?」

と窓口のおねえさんに聞いたら、

「は?」と怪訝な顔をされてしまった。

このときは私以外に客がいなかったので、実は熊本でこんなことが・・・と、
かくかくしかじかとご説明したところ、
おねえさん、めっちゃ笑って

「大丈夫です。奈良は奈良交通しかありませんので、安心して下さい」

とのこと。ほっ。

もうお昼近かったのでお腹がすいていたから、
先にお昼ご飯・・・と思い、かねてより目をつけておいたお店に行くことに。

地図では興福寺のあたりでバスを降りて、
興福寺を突っ切って「ならまち」の辺りにあるはず・・・。

というわけで、まずは興福寺でお参り。
国宝・重要文化財がわんさかあるお寺である。
nara3.jpg


この五重塔も国宝。

てくてく歩いていると含蓄のある言葉が目に入った。
nara4.jpg


難しいことをおっしゃる。

この境内にある「一言観音」は「一言願えば思いが叶う」とも
「一心に願えば一言で願いを叶えてくれる」ともいう言い伝えがあるとのこと。
欲張って、二つ以上を願ってはならない、らしい。

しかも、一つのお願いといっても、ふんわりぼんやりしたお願い、例えば
「幸せになれますように」みたいなものではなく、
クッキリハッキリした「○×君とつきあえますように」
みたいなものがいいとのこと。
ピンポイントであればあるほど叶う確率が上がるとガイドブックには書いてあった。

というわけで私も一つだけ、心からお願いをしてきた。

「論文が出ますように・・・」ってね。

ちなみに叶った暁にはお礼に行かねばならないらしい。

それにしてもこの日は寒いし雨も降っているしで観光日和ではない一日。
片手に傘を差し、片手にカメラを持ち、バッグも抱えて地図を見る、というのが難しく、
お目当てのお店になかなかたどり着けず・・・。

ようやくたどりついたお店は、
わかってしまえば循環バスのバス停のすぐ近くだった。

循環バス、だから円を描いているわけだが、
私が降りたバス停からお店の最寄りのバス停までは、
円の直径とまではいかないものの、かなり離れていたのである・・・。
(明らかに、ガイドブックの地図が悪い。ぷんぷん)

断食の話を以前に書いたが、
私は最近ゆるーくマクロビオティックを続けているので、
一応旅先でも口に入れるものは気をつけよう、ということで。

今回行ったお店もベジタリアン・自然食の「あしゅーら」というお店。
ちなみに最寄りのバス停は「田中町」。
ここで降りていれば2分くらいだったのに・・・(泣)。

頼んだのはカレー。このお店の一番人気らしい。
後から入ってきた人たちは「もうご飯がほとんどないから・・・」と言われていたので、
私はどうやらぎりぎりだったみたい。

出てきたカレーは玄米の野菜カレー。

美味しかったのだが、あまりにお腹がすいていて、
(写真がないのは撮る前に食べてしまったせい)
全部食べきっても全然おなか一杯にならず。

まあ、そうはいっても旅先だとあちこちで美味しそうなものもあるし、
ここはこれくらいで抑えておくこと。

最寄りのバス停からまた循環バスに乗って、今度は春日大社へ。
nara5.jpg


ものすごく広いので、本当にびっくり。

関東育ちだからなのかどうかわからないが、
私が 「お寺」といってイメージするサイズはかなり小さい。

なので、地図上で○○寺、××寺が並んでいても、
「余裕でこれくらい歩ける」と思ってしまうのだが、
奈良のお寺は一つ一つが本当に広々していて・・・。
最初の興福寺もそうだったのだが、お寺の中を突っ切る、といっても、
なかなか向こう側に着かない、という感じ。

それくらい、お寺というものが大事にされている土地柄なのかな。

そんなわけで春日大社も本当に広く、シカが我が物顔で闊歩している。
nara6.jpg


手水所もシカだし。

ようやくたどりついた本殿は美しい建物だった。
nara7.jpg


横にあるしだれ桜は満開。
nara8.jpg


まだまだ続くのだが、今日はこんなところで。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。