mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直島・あさごはん
2010年09月20日 (月) | 編集 |
ベネッセハウスの宿泊施設は前に書いたように、
ミュージアム、オーバル、ビーチ、パークの4棟があるのだが、
朝食が頂けるレストランは「パーク棟」にあるテラスレストラン。

私たちが泊まったオーバルからパークまでは、歩くと15分くらい。
とはいえアップダウンがかなりあるし、
時間ももったいないので、Ma嬢に車を出してもらった。
車なら3分くらい。

このパーク棟にもたくさんのアート作品が展示されている。
パーク棟の入り口からレストランまではかなりの距離があるのだが、
その間に配置されているのである。
中でも杉本博史という方の写真がものすごいインパクトで・・・。
写真の力ってすごいなあとつくづく感心してしまった。

朝食は、なんと定価2500円というゴージャスメニュー。
普通のホテルの朝食のように、バイキング形式ではあるのだが、
メニューが豊富でしかも美味しい!

外国人宿泊客が多いことも反映しているのだろうが、
例えばパン一つにしても種類が豊富だし、
パンに付けるバターやジャム、オリーブオイルなどもたくさんそろっている。

写真を撮ったのだが、どうも私は写真の才能がないようで、
全然おいしそうに映っていないのでここでは省略・・・。

ニンジンとオレンジとオリーブのサラダがめちゃくちゃ美味しくて、
何度もお代わりしてしまった。

他のメンバーはフレンチトーストが美味しいと言って、
やはり何度もお代わりしていたし。

惜しむらくは・・・。

このレストランの中にもフレスコ画が2つあるのだが、
皿の上に夢中になってしまい、全く絵のことに気づかなかったことである。

チェックアウトした後に気づいて、
性懲りもなく行ってみたのだが、残念、やはりもう入れてくれなかった。
(朝食が終わった後の片づけタイムだったらしい)

テラスレストランのすぐ横にあるミュージアムショップは、
面白いグッズがいっぱい。
心をくすぐられるものがたくさんあった。
(でも一つ一つがやはり高い・・・)

そんなこんなでベネッセハウスを満喫、
直島をぐるりとドライブして、名残惜しく岡山へと戻ったのだった・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。