mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

額面どおり
2007年02月17日 (土) | 編集 |
私が今使っている化粧品メーカーは、
月イチで無料の「ビューティーセミナー」というのをやっている。
無料の割にビッチリ二時間、お肌の構造からお肌のお手入れ等々を説明してくれるので、
なかなか内容の濃いセミナーである。
とはいえ企業であるわけだから、無料とはいっても自社製品をアピールすることは忘れない。
(だからといって買わされるわけでもないが。)
某ホテルの宴会場みたいなところでやっていて、
毎回だいたい150人くらいは集まっているだろうか。

昨日がちょうどそのセミナーの日だったので、
美容に関心の高い知り合い(≠友人)を誘って一緒に行った。
その方は英会話のクラスが同じなのだが、その方自身のことは実はあまり詳しくは知らない。
(英語だとイマイチ無口になるワタクシ・・・。)
ただ、その方はフリートークになるとコスメティックかファッションの話しかせず、
二言目には「綺麗になりたい」という人なので、
おしゃれには関心の高い人なのだろうと思っていた。
で、興味があるかなと思って今回のセミナーの話を(レッスン後に日本語で)したら、
二つ返事で「行く」というので一緒に行ったというわけ。

が、意外にもその方、セミナー中はぐーぐー寝るわ、声を上げてあくびをするわで、
ろくに話を聞いていない。
それどころかたまに目を覚ますとボソッと私に声をかけるのだが、
「あの人のスーツ、イマドキあんなのないよね、20年前くらいのじゃないの?」とか、
「うわっ、あの人の口紅、ひどっ。全然顔の色と合ってない。
大学生くらいのときに似合うとか言われてそのまま勘違いして使いつづけてるんじゃない?」
などの(どちらかといえば聞くに堪えない)ことばかり言う。
それも本人は私にだけボソッと言っているつもりらしいが、
意外と声が大きいし、逆に会場は静かなので、
周囲の人たちにもかなり聞こえていたらしい(あとから隣に座っていた人に言われた)。

セミナー中には「使用している人たちの体験談コーナー」もある。
これは会場に入る際に記載した名前から突然指名されるので、
みんなアタフタしてしまうという人気のコーナー。
(自分が当たりさえしなければ見ている分には面白いので。)

そのときもかなりはっきりした声で「サクラじゃないのぉ?」というので、
私のほうが慌ててしまい、これは絶対周りに聞こえただろう、となんだかもう気が気でなかった。
しかも、当たってアタフタしながら壇上に上がった人が
「この化粧品を使い始めて何年になりますが今年48歳で・・・」
などと話し始めると
「48だったら髪型とか服装でもっと若く見えるんじゃないー?」
などといちいちチクチクと批判する。
このコーナーでは5人くらいが当たり、中には目を見張るような美肌の人もいるのだが、
そういう人が出てくると
「別に化粧品はどれ使ったって、元々綺麗な人は綺麗なのよ」と言う。
とにかく誰が何を言おうがどんな人が出てこようが批判しか言わない。
私は途中から「こんな人連れて来るんじゃなかった」と激しく後悔してしまい、
昨日のセミナーはホント楽しくなかった。

セミナーの後、何人かでお茶をした。
毎月のようにセミナーに出ていればそれなりに知り合いも増えるし、
今回私がその知人を連れて行ったように、
誰かがまた知り合いを連れてくればまた輪も広がる。
しかもこういう種類のセミナーだから、みんな美容という共通の関心がある分、
それなりに楽しい交流になるのである・・・が・・・。
私がお連れした人はここでも批判暴言満載で、みんなかなり困ってしまっていた。
その分、口には出さないまでも
「麦実さんのお友達ってこういう人なんだ・・・」と心のうちでは思っただろうし、
みんながそう思っているだろうと想像すると私としても身の置き場がなくて・・・。

他の人が「化粧品は使い方一つで効果が全く違うから、
ちょっとしたことを気をつけるだけでぐっと綺麗になりますよ」
なんていう話をその方にしたところ、
「私に『綺麗になりますよ』ってわざわざ言うってことは、
私は汚いってことですね?」と逆ギレまでする始末。
(ってことは、この人自分は超綺麗って思ってるってことか・・・)

最後の最後、「じゃ、またね」のときには、
「私ー、こういうことしてる時間があるなら、仕事してるほうがマシだと思う」
とまで言うので、多分それを聞いた人は
「それなら来るなよ」と思っただろう。
(私は「それなら誘ったときに断ってよ」と思ったが。)

ということはこの方の常に言う「綺麗になりたい」というコメントは、
実は「私綺麗でしょ?」という意味なのかと今更ながら理解した。
私はある意味素直だからなー、言葉どおりに受け取るタチだから。
人を見る目がまだまだないなあ、と反省したのでありました。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。