mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰旅行・いいお天気
2011年01月15日 (土) | 編集 |
更新スピードが上がってきたことに気を良くして、
ちょっと時間軸を前に戻して・・・。
(もしこの作戦がうまくいったら更に前に戻る予定)

昨年末の12月初旬、
すっかり「毎年恒例」になってしまった、山陰旅行に行ってきた。
記録を見ると2006年から、毎年だいたいこの時期に行っていることになる。
(つまり今回で5回目)

ダーリンが2006年のブログで書いているように
ラブストーリーは突然に
SWEET MEMORIES
最初の年は確か突然に思いついて行ったのだった。
(↑ブログタイトルには意味がないのであまり気にせずに)

どこに何があるかも下調べせずにふらっと行ったものだから、
途中でコーヒーを飲みたいのになかなか喫茶店も見つけられなかったのである。
(ダーリンのブログではその辺の苦労をはしょっている)

2007年はかなり下調べをして、
和菓子屋(←このころから私がお茶を始めたので和菓子に興味を持ち始めたのだ)、
パン屋などをハシゴ。
その辺のこともダーリンがブログに書いている。
だんご三兄弟
ここにしか咲かない花
New Year's Day
とにかく、食べまくっているのがよくわかる。

2008年、2009年は、ダーリンも私もブログをさぼっているので、
文字情報がほとんど残っていない。
しかし写真を見ると、2008年は11月2日・3日に行っている。
11月半ばからカニが解禁になるので、
その時期から突然混みだすことと、旅館もその時期から突然高くなるので、
いっそその前に行ってみよう、ということになったのだった。

とはいえ11月初めでもまだまだそれほど寒くはないので・・・。

露天風呂に行っても、もともとそんなに体が冷えていないせいか、
大したありがたみを感じない。

それに、生温かい日本海ではあまり魚の種類も豊富ではないのか、
刺身の盛り合わせもなんだか寂しい感じ。

やはり露天風呂に行くなら12月だねえ、という話になったのだった。

写真を見ると、この年にもやはり澤井珈琲でアフタヌーンティーをして、
石松寿司で特上握りを頼み、だんご屋でがっつりお団子を食べ、
境港でしこたま海産物を買って、壽城に攻め込んでから帰宅している。
(やっていることがパターン化してきている)


2009年に至っては、デジカメさえ忘れたらしくて、画像も残っていない始末。
(行くのは確かに行ったのだが。)

2009年の10月に断食道場に行って、
以来、動物性食品を取らないようにしているのだが、
あれもダメ、これもダメ、といってストイックにしていると、
どうも人間の幅が狭くなってしまう気がして・・・。

なので、こういうときは出されたものに感謝して、
残さずに頂く、ということにしている。
(ただし自分からは欲しない、ということにしているので、
ケーキなどは注文はしないことにもしている。
もっともこれを書いている2011年1月はこう思っているが、
今後あっさり撤回する可能性も多いにある。)

確かこの年は旅館の食事グレードを一ランク下げたんだったかな。
カニで高くなるくらいなら、グレードを下げてカニをなくして、
それ以外のお魚がメインを張れるようにしたらどうか、と考えたのだった。

が、グレードを下げたら、全体的な質・量が下がったのにはびっくり。
やはり冬の山陰に来るからにはカニは必須、とみんな固く信じているようで、
カニもそれ以外のお魚もちょびっとずつ、
というなんともせつない食卓だったのだ。

まあそんなこんなで、とにかく毎年毎年同じところに行っているのだが、
この時期は山陰の天気が悪く、旅館の部屋から大山が見えるらしいのだが、
一度も見えた試しがない。
曇っているならまだしも、雨だったり、小雪だったり(!!)。

この冬、山陰の大雪が全国的なニュースになったが、
基本的に真冬の山陰には雪が降る。
(だから大山にもスキー場があるわけ)

そんなわけで、12月のいつにするかというのがかなりぎりぎりの攻防線。
雪が降ったら車では行かれなくなる。
(岡山で雪が降ることはほとんどないので、
スノータイヤなどは持っていないし特に必要もない。)
電車で行くという選択肢もあるにはあるが、
せったくETCを付けて、土日1000円だと言うのに、
その恩恵を受けられないのもちょっと悔しい。
かといってあまり早い時期だと温泉という気分が出ない。

それで私たちが導き出した結論が、
例年、12月の最初の週末というわけ。

2010年12月初旬は・・・。

暖かかったのである・・・。

なんと気温18度。
温泉どころではない。
車の中にいると汗ばんでくるほどだった。

これが次の週になったら、いきなりの冬将軍到来、
それ以降の天気は推して知るべし・・・だったので、
後から考えればこのときに行っておいてよかったかも。


そして出発から振り返ってみる。
岡山ではいいお天気。
110115-01.jpg

途中、蒜山のあたりでもいいお天気。
110115-02.jpg

遠くの方まで見えて、なんだか嬉しくなる。

そして米子に近づいてみたらなんと!!
美保湾を挟んで向こう側の、美保関まで見えるのである!!
110115-03.jpg

地図で見るとこんな感じ。
110115-04.jpg

こんなことは初めてである!!

そして山陰旅行はまだまだ始まったばかりなのだった・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。