mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月・鉄道の日記念・讃岐うどん巡り
2011年02月01日 (火) | 編集 |
さらに時間軸を戻して、10月。
(記憶と保存画像の事情により、さかのぼるのはここまでにする予定)

「鉄道の日記念きっぷ」という、
青春18きっぷとほとんど同じきっぷがこの時期に発売される。
(青春18きっぷは5枚組だが、鉄道の日記念きっぷは3枚組)

それを使って、ちょっと遠いうどん屋さんまで行ってみよう、ということになった。
忘れもしない、10月11日。祝日である。

で、「遠いうどん屋」と言えば筆頭格が「上戸(じょうと)」
ほとんど愛媛県、ぎりぎり香川県というところ。

ここは駅から数十秒という、JR+徒歩でのうどん巡りにはピッタリの場所。

お店のHPで見ると「定休日 日曜日」の文字。
よっしゃー。

・・・しかし、「箕浦」という駅は遠かった。
本数の少ない予讃線で、坂出からゆらりゆられて(?)1時間20分。

とはいえ、最近、FM香川でやっている
麺通団のUDON RADIO」、略して「うどラヂ」
というポッドキャストにはまっていて・・・。


バックナンバーをしこたまダウンロードして、
デジタルオーディオプレーヤーに入れておいたので、
2人で聞きながら乗っていたからそれほどは退屈しなかったかな。

ようやく着いたー。

こんな小さな駅なので、降りたのも私たち2人だけ。
思わず記念写真。
110201-01.jpg


線路のわきに道路のわきに海(おかしな日本語だ)。
110201-02.jpg

駅舎もこんなに小さい。
110201-03.jpg

(もちろん無人)
各自で気をつけろ、という放任な駅。
(踏切なんてものは存在しない)

正面から見ると、なんともあけすけな駅である。
110201-04.jpg

駅舎を抜けたらすぐに海一面の視界で気持ちがいい。
110201-05.jpg

同じ位置から左を向いたら、すぐに上戸うどんの看板。ホントに駅前。
110201-06.jpg

車も一台もいないし、早いから、すいてるのかもね。






110201-07.jpg

・・・って! うそーーーーーーーっ!!!

何しろこんな駅である!!
110201-08.jpg

(バカにしているわけではない)

次の電車が来るまで、少なくとも1時間はかかるのである。

他にバスもなければ時間をつぶせそうなコンビニも皆無!!

ぎゃあああああっ。

ダーリンはこういうとき結構本気で怒るので、
実はハラハラしていた私。
それが意外と「あ、休みなのか」とあっさりしているので、
恐る恐る、「怒ってないの・・・?」と聞いたところ、
「いや、きっと上戸君も大変なんだよ」と一言。

ここに来るまでにうどラヂでさんざんその「上戸」の話があり、
ここのご主人が番組のゲストで出ていて、
お店の移転から値段決めまでいろいろな苦労を話していたので、
なんとなく知り合いのような気分になっていたらしい。
まあ、それならよかったけど。


あまりにヒマなので、普段だったら出来ないような、
「線路の上を歩く」なんてこともしちゃう。
110201-09.jpg


そうこうしていたらようやく電車が到着。

ボケっとしていたらおかしな名前のホテルかパチンコ屋を発見。
(多分ホテルだろうけど)
110201-10.jpg

MIAMIのつもりだったんだろうなあ。
(同じような、「DAIANA」というパチンコ屋が岡山にあって、
見ているこちらが恥ずかしくなる)


またボケッとしていたら、不思議な形の山を発見。
110201-11.jpg

段々になっているのはなぜ・・・?

110201-12.jpg

あ、採掘してるのか。
(つまりは人工的ってことね)


それにしても、おなかすいたよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ。
(と叫んだところで今回はここまで。
うどん巡りなのにうどんにまだありついていない)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。