mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100歳のお祝い菓子
2011年02月13日 (日) | 編集 |
そうそう。

先日、お茶のお稽古に行ったら、
先生がものすごくうれしそうな顔で、
「今日はとても珍しいお菓子が手に入ったので、今日いらした方はラッキーよ」
とのこと。

午前と午後にお稽古があり、私は午後の部なので、
半分を午前の方で召しあがったらしい。
110213-01.jpg

上から見るとこんな感じ。
金箔は散っているものの、ぱっと見は普通のじょうよ饅頭。

しかし!

実はかなり大きいお饅頭なのである。

横から見るとこんな感じ。
110213-02.jpg

饅頭in饅頭、というわけ。

中に入っている饅頭一つ一つが、普通の和菓子サイズ。
110213-03.jpg

実はこれ、蓬莱山という和菓子。
富士菓匠 金多゙留満という和菓子屋さんのサイトによると、

中国の伝説で東海中にあって仙人が住み、不老不死の地とされる霊山。
薯蕷饅頭で皮は白、餡は黒と赤、黄、緑、紫の五色を使った美しいもので、
めでたい色としての五色を表しています。
新しい旅立ちの喜びを優雅に伝える慶弔事菓。



ということらしい。

実際、先生のお知り合いの方の100歳のお祝いで、
特注したお菓子なのだそう。
(どこの和菓子屋でも注文して初めて作ってくれるものらしい)

100歳のお祝いにあやかろうと、
みんなで少しずつ頂いたのだった。
110213-04.jpg

(といっても私は食べないので、家に持って帰ってダーリンにあげたのだが。)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。