mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良一人旅2011 その3 薬師寺昼食編
2011年05月08日 (日) | 編集 |
お茶を飲み終わって。

周りのオバサマ方はことごとく姿を消しているし、
お点前をしていたおねえさんもいなくなっていたので、
じろじろとあちこちを観察。

この道具組は・・・。
110508-01.jpg


(知識不足で何も分からず。)

短冊はコチラ。
110508-02.jpg


ふむふむ。
(と思うものの意味はさっぱり分からず。)

お茶を一服頂いて、心がホッとしたところで、
改めて薬師三尊を拝観。
(お堂の中は撮影禁止なのが残念。)

薬師如来は、医・薬の仏さま。

「体が動かなくなるのも病気なら、身の不幸、心の病も病気です。
欲が深くて、不正直で、疑い深くて、腹が立ち、
不平不満の愚痴ばかり、これ皆病気です。」

というフレーズが薬師寺のページにもあるのだが、
私もいろいろとココロの悪い部分があるので・・・。

そういう部分を洗い流して頂きたい、とお祈り申し上げたのだった。

さてさて。

そろそろお昼ごはんの時間である。

「御食事券」を握りしめて引き換え場へ。
頂いたのは小さめのお弁当箱。

12時よりは前に行ったのだが、
食べるところはめちゃくちゃ混んでいた。
(かなり広いスペースなのだが・・・。)

私は一人だったので、空席を見つけてささっと座れたのだが、
三人とか四人とか、グループで来ている人たちは、
まとまって空いている席を探すのに苦労していたみたい。

ちなみにお弁当はこんな感じ。
110508-03.jpg


なんだか開ける前からワクワクしてしまうデザイン。

気になる中身は・・・。
110508-04.jpg


ちらし寿司だー。わーい。

一人とはいえ周りにはたくさんの方々がいるので、
さほど寂しくもなく、お米一粒残さず、ありがたく頂いた。
(美味しかった!)

そして薬師寺の話はまだ続くのだった・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。