mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダドライブ・カルガリ~キャンモア
2011年08月22日 (月) | 編集 |
学会終わって、次の日からダーリンとカナダ観光!!

この日はレンタカーでバンフ・レイクルイーズを回る予定にしていたので、
距離を考えると早く出ないとね。

というわけで早めにキリキリと目覚まし時計をセットして就寝。

が、気が付いたら目覚ましがセットした時間をとっくに過ぎていた。
どうやら無意識に止めてしまい、2人とも二度寝してしまったらしい。

まあ、そうはいってもダーリン一人が運転するわけだし
(私は国際免許を申請しなかったから)
ダーリンが途中で眠くなるよりは、朝しっかり寝ておいた方がいいよね。
(あくまでもポジティブ思考)

車内BGM用に、今回はデジタルオーディオプレイヤーと、
FMトランスミッターを持ってきていた。
事前にネットでチェックしたものの、カナダで使えるかどうか定かでなくて・・・。
少なくともアメリカは周波数が合わないのでダメみたいなのだが、
カナダの周波数は日本と近いから、使えそうな感じ?

そんなに荷物になるようなものでもないので、
とりあえずは入れてきたのである。
ちなみに私が使っているのは、

BUFFALO FMトランスミッター BSFM11BK

というもの。

送信周波数は87.7 / 88.3 / 88.9 / 89.5 MHzの4つ。

で、セットしてみたら、あっさり音を拾ってきたので拍子抜け。

なんだ、使えるんじゃない。

ただ、このあとカルガリーやバンフを走行していたら、
たまにノイズがある。
試しにトランスミッターの方を消してみると、
バリバリ、その周波数でラジオやってる(笑)。

そのときは送信周波数の方を変えれば何の問題もなかったので、
少なくともバンフ周辺のドライブなら、トランスミッターは使えますよー。
(誰に向けて言ってるんだ)

ドライブはすこぶる快適。
日本と違って高速道路は無料なので、逆に言うと高速と一般道の区別が曖昧。
今まで高速を走っていたのにふと曲がったらカルガリーの街中だったりね。

そしてカルガリーの街中を抜けると冬季オリンピックをやった会場が出てくる。

110818-05.jpg

このジャンプ台はもう使っていないらしい。
イマドキのスキージャンプは当時からすると格段に距離が延びているので、
今の選手がこれで飛んだらものすごく危ないらしい。

「札幌のオリンピックの方がカルガリーより前なのに、
大倉山のジャンプ台は現役じゃない」

とダーリンに言ったら、大倉山はオリンピックの後に改修工事をして、
今のスタイルに合わせて作り直しているとのこと。

なるほどねー。
(ダーリンはウィンタースポーツ好きなので、
細かいことをよく知っているのだ。)


カルガリーを経由して、まずはキャンモアへ。
ドライブ日和のいいお天気。

110818-01.jpg

(日本の感覚だとこの写真は運転しながら撮影しているみたいだが、
左ハンドルなので助手席から写真を撮っている。)

山もクッキリハッキリ。

110818-02.jpg

地層の勉強をするにはもってこいな感じ?。


この時点でお昼の12時を過ぎていたので、さすがにお腹が空いて。
キャンモアで一旦降りてお昼を食べることにする。

キャンモアは小さくてかわいらしい街なので、
駐車場に車を止めてちょっと歩けば、繁華街の端から端まであっさり。

お腹も空いていたので、あまりあれこれ吟味せずに、
「O Bistro」
というイタリアンレストランでランチ。

私が頼んだのは夏野菜のペンネ

110818-03.jpg

ダーリンが頼んだのはアルバータ牛ステーキとポテトフライ。

110818-04.jpg

(オレンジ色に見えるものはニンジンではなく品種の違うジャガイモ)

これと、私はカナダビールを一本、ダーリンは(運転中なので)クランベリージュース。
さすが、観光地だけあって値段も観光地価格・・・、だったが(全部合わせて4022円)、
美味しかったし、店員さんがとても雰囲気のいい人だったので、許す!(偉そう)

そしてこのあと、レイクルイーズに向かうがその話はまた後日。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。