mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ・レイクルイーズ~レイクモレーン
2011年08月23日 (火) | 編集 |
そしていよいよレイクルイーズに向けて、出発。


今だから告白するが、実は私の頭の中は学会のことで一杯だったので、
その後の観光については(もちろんものすごく楽しみにしていたのだが)
「あそこにいこう」とか「これを見たい♪」とか、
そういう下調べをほとんどしていなかった。

そんなわけで、「バンフ行こうバンフ♪」と言いながら、
実はバンフに何があるのかよく知らないし、
ましてレイクルイーズは「どうやら綺麗な湖らしい」
くらいの認識しかなかったのである。

キャンモアを出て少し走行したら、ゲートが見えてきた。
実はバンフ国立公園は入園が有料なのである。
19.6ドルを巻き上げられた(!!)のだが、
帰宅して公式サイトを見たら、

Daily
Adult $ 9.80
Senior $ 8.30
Youth $ 4.90
Family/Group $ 19.60
Commercial Group, per person $ 8.30
School Groups, per student $ 3.90

Adult: Person 17 to 64 years of age
Senior: Person 65 years of age or over
Youth: Person 6 to 16 years of age
Family/Group: Up to seven people arriving in a single vehicle in a national park.
School Groups: Students of elementary and secondary schools.



とある。
そうか、車一台で19.6ドル(この日のレートで1628円)だったのか。
(ということは7人がぎゅうぎゅうに乗った状態で入園するのが、
一番オトクということか)

入園料を払ったらガイドブック(というか観光案内冊子)をもらえたので、
車内でいまさらながら熟読。

こういうのもサラサラっと読めたらいいのだが、
いちいち電子辞書に頼らなくてはならないところが情けない。

英語と格闘していたら突然眠くなってきて・・・。
車内で実はウトウトしていたことは、ダーリンにはナイショ。


ようやくレイクルイーズに到着。
観光案内にも「日中は混雑しているので朝夕に訪れることを勧める」とあるが、
かなり広い駐車場が本当に一杯!!

奇跡的に一台分のスペースを発見したので、
慌ててそこに突っ込んだ。

レイクルイーズは、それこそ100年くらい前からの観光地(避暑地)らしい。
湖畔に建つフェアモントホテルという、それはそれは格式の高いホテルなど、
一泊55000円以上する。

泊まれはしないまでも、ここでお茶くらいは・・・ということなのか、
ここではアフタヌーンティが人気らしい。
気にはなったものの、さっきお昼ごはんを食べたばかりだし、
そもそもこれだけたくさん人がいるのだから、
めちゃくちゃ混んでそうだし、ということで断念。

それにしてもレイクルイーズは本当に美しいところだった。

110819-01.jpg

後ろに白く見えるのは氷河。

とにかく混雑していて、人が入らないように写真を撮るのがかなり大変。
日本人はそういうところ(もちろん個人差はあるだろうが)気を使うので、
誰かが明らかにカメラを構えている前を横切ったりはしないのだが、
中国人(偏見)は平然と入ってくるので、
知らない人の写真が何枚も出来る羽目に(涙)。

私たちの横でも、アメリカ人の老夫婦がカメラを構えてそれぞれを撮っていたので、
思い切って声をかけて「お二人を撮りましょうか?」と言ったら、
一瞬不審な顔をして、そのあとにっこりして「おねがい」とのこと。

そのあと私たちの写真も撮ってもらった。

110819-02.jpg

どちらからいらしたんですか?
と聞いたらシアトル、とのこと。
あなたはどこから来たの?
というので、ジャパン、といったら、
「おお、ツナミ、地震、大変だったわね。
あなたの親戚とか友達はみんな大丈夫だったの?」と心配された。

東北の大震災は、やはり世界中の人たちにもかなりのインパクトだったらしい。

「時間がかかるだろうけれど、日本人ならやれると信じてます」
と言われて、あー、私も出来ることを頑張らなくちゃ、と思ったりして。


レイクルイーズのあと、レイクモレーンへ。

ここは意外と穴場らしくてかなり空いていたのだが、ここも本当に美しくて・・・。

110819-03.jpg

空いてはいたものの、このときはタイミング悪く、
韓国人団体観光客がいたため、やはり写真を撮るのが大変。
(音の響きからハングルだろうと判断したが正誤は不明)
それにしてもみんなやりたい放題で・・・。
日本人団体観光客も、かつてはこういう感じだったのかな、と思ったりして。
(いや、今もそうなのかもしれない)

湖からもう少し離れた場所で見ると、
湖と、10個のとがった山(テン・ピークス)が見えたらしいのだが、
このときは知らずに結局通り過ぎてしまった。
道路の脇で路駐している車が何台もいたところが、
多分そのポイントだったんだろうなあ。


そしていよいよバンフへ。

バンフはそれこそこのあたりで最大の観光地なので、
流入してくる車の数も半端ではなく、駐車場を見つけるのも大変。

目を皿のようにしながら駐車場マークを探してみるのだが、
やはり一台分も開いてない・・・。

しばらくうろうろしていたら、立体駐車場がある。
気のせいか、「無料」と書いてあるような・・・?

恐る恐る入ってみたが、やはり駐車場にありがちな駐車券もなく、
誰かがチェックしている感じでもない。
ホントに無料なんだー。
(あとでよく見たら、1階は1時間無料、それ以上の階は3時間無料らしい)

場所はNester's Marketというスーパーのすぐ横。
http://www.nestersmarket.com/banff/

帰りにこのスーパーでしこたま買いものをしたので、
駐車場がすぐ横で便利だった♪
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。