mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ・キャンモア~カルガリー~バンクーバー
2011年08月25日 (木) | 編集 |
観光2日目はキャンモアの「ラマダホテル」の朝ご飯からスタート。

この日の夕方にバンクーバーに行くので、
(カルガリー → バンクーバーは飛行機)
あんまりのんびりもしていられない。

それにしてもここのホテルの朝ご飯はものすごく盛りだくさんでビックリ。

パンだけでも食パンに始まり、クロワッサン、パンケーキなどなど、
とにかく種類が豊富。

シリアル(コーンフレークみたいなもの)の種類も多くて取り放題なので、
いろんな国の子供たちが喜んで取りまくること取りまくること。
(そんなに食べられるんだろうかっていうくらい取っていた)

ダーリンも朝からハンバーグなどを食べて、ご満悦。

後から考えてみると、もう一回バンフに行って、
カスケードガーデンとか行ってみればよかったのだが・・・。

このときは戻る方向、カルガリーに向かったのである。

向かう先はなんといってもオリンピックパーク。
ダーリンはウィンタースポーツ大好きな人だから。
ほら、カルガリーは冬季オリンピックが開催されたところだし。

ジャンプ台が近づいてくるとそわそわするダーリン。

わくわくしながら向かっていって、
そこそこ混んでいる駐車場に車を停めた、のだが・・・。

どうも様子が違う感じ。


ええとね。

マウンテンバイクとか、ミニゴルフとかの受付があるばかりで、
オリンピックに関する展示がない。

あれ???

スポーツグッズなどが売っているショップの横に、
博物館っぽいエリアはあって、一応ドアは開いているものの、
中は薄暗いし展示されているものもどうもやる気が無い感じ。
(あちこちすり切れていたり薄汚れていたり)

確かによく見ると「○○年×月に閉鎖しました」
みたいな文字がある。

リニューアル中なのかな・・・

と思ったが、だからといって別の場所でやっている雰囲気でもないし。

帰国して公式ページを見ても、結局なんだかよくわからない。

しかたないのでさらにカルガリーに進んだものの、
カルガリーは特にこれという観光地もないし、
何しろ慣れない車でかつかなりの交通量ということもあって・・・。

結局、ものすごく早くにカルガリーの空港に着いてしまった。
なんとかして一つ前の便に乗れないかと交渉したのだが、
満席で無理とのこと。

しかたないのでカルガリーの空港で数時間つぶすことになってしまった。
ああもったいないなあ。

ダーリンはこんなときでも貪欲にフードコートを見て回り、
タコスを食べていた(が、写真はなし)。
私は本屋で立ち読みしたりして。

そしていよいよバンクーバーへ。

オリンピックに向けて開設したという「スカイトレイン」に乗って、
いざダウンタウンへ。

ホテルの最寄り駅で降りてみてびっくり。
いやー、都会だなー。
(学会があったところは超地方都市だったし、
バンフなどは観光地で人は多いけど都会ではないから)

ホテルにチェックインして荷物を下ろして、いざ夕食。

カルガリーからバンクーバーまでの飛行機の中で読んでいた機内誌で、
なぜかサーモン料理が出ていたのに感化されて・・・。

サーモン、食べたい!!

ということで下調べゼロで街に繰り出したのだが、
ホテルの近くにあるパブの「サーモンバーガー」がなんだか美味しそう♪

ここにしよ、ここに。

というわけで私はサーモンバーガーとカナダビール。

110820-01.jpg

ダーリンはハリバットステーキとライムビール。

110820-02.jpg

110820-03.jpg
(例によってダーリンが撮るとアップになる)

ちなみに画像の質が突然悪くなったのは、
デジカメではなくダーリンがケータイで撮ったため。
うーん、ケータイカメラだと目の前に「ドン」と置かれた時の、
あの迫力が伝わらないなー。

カナダでのこのライムビールは、本当にサッパリしていて、
アルコール分も低いせいか女性に人気らしい。
ダーリンはアルコールに弱いので、こういうのがちょうどいいみたいで、
「これ、おいしいなあ」と言っていた。

このパブはスポーツバーみたいなところで、
テレビが全方位にあるくらいのところで、
それぞれのチャンネルで野球だったりアメフトだったりをやっていた。

もし冬に来たらこれが全部アイスホッケーになるんじゃないかな。
・・・とダーリンはすっかりわくわくしていて
「今度は冬に来ようね」とこの後何度も言われたのであった。

どちらのお皿も写真よりはるかに大きくて、
2人ともすっかりお腹いっぱい。
しかも美味しかったので大満足♪

そしてホテルに戻って幸せな眠りに着いたのだった。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/06/18(水) 11:36:59 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。