mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランビルアイランド
2011年08月29日 (月) | 編集 |
バンクーバーは意外と広い。
ガイドブックを見ても「見どころ」がかなり広範囲で、
ノースバンクーバーやスタンレーパークなどはそれぞれで一日かかるくらい。
(そういう意味では東京も、
「Tokyo」と一口に行ってもかなり広範囲だものね)

今回は時間が限られているので、とても全部は回れない。
そんなわけで、行きたい場所を絞ってそこに集中しようということにした。

私はとにかくヴィクトリアに行きたかったのだが、
ダーリンが絶対に外せないと主張したのがグランビルアイランド。

all aboutの「バンクーバーの観光名所」によると、


ダウンタウンの南側の入り江フォールスクリークを挟んだ対岸にある小さな島で、レストランやマーケット、ギャラリーなどが集まる人気のエリアです。プロのシェフも買出しに来るパブリックマーケットや、ワインショップ、キッチン用品やアクセサリーなどの専門店が軒を並べるネットロフトなど、ショッピングにも最適。一味違ったお土産が欲しい人向き。

また、グランビルアイランドでは食事も楽しみのひとつ。世界の様々な料理があるパブリックマーケット内のフードコートでカジュアルに済ませるのも良し。Sand BarやDockhouseなどのガイドおすすめのシーフードレストランもこのアイランドの中。


という記載もあって、とにかく「食」に関するエリア。

ネットサーフィンしていて、このエリアにあるCurry 2 Uというカレー屋を発見。
カレー好きのダーリンが見逃すわけはなく、この日の一番の目玉はカレー。
(数日前からカレーカレーと鼻息が荒かったくらい)

朝ホテルを出て、てくてくとグランビルアイランドへ。
「アイランド」というくらいだから実際は島なのだが、
ダウンタウンからは橋でつながっているので歩いても渡ることは可能。
(ただし橋がかなり高いので高所恐怖症にはちょっとツライのと、
橋を渡ってしばらく先に行かないと降りられないので距離的には損をする感じ。)

グランビルアイランドには、パブリックマーケットという巨大な市場
(みたいなもの)があって、ここを一周するだけでも面白い。

110828-01.jpg

110828-02.jpg


さらに、若手作家(みたいな感じ)の小さいお店もたくさんあって、
アクセサリーやらガラス製品やら帽子やら、
かわいらしいものからバカバカしいものまでいろいろ売っている。
今から考えると一点一点はそんなに高くなかったのだけど、
何せこのときは両替マジックのせいで何もかも高く感じてしまって、
ほとんど何も買わなかったなー。
(今から考えると若手作家の作品らしいかわいいガラスのピアスとか、
お土産にすればよかったと思ったりする)

さてさて、待ち切れずに早速カレー。

私が頼んだのは野菜カレー二種類と、豆カレー、
それにもう一品とナンがついたベジタリアンカレー。

110828-03.jpg
(いくらだったか思い出せない)

ダーリンはナスのカレーとひき肉カレー、
それにナンがついたセット。

110828-04.jpg

見た目よりはるかに量が多くてすっかりお腹いっぱい。
半分くらいはなんとか食べたのだけど、
残りはダーリンに食べてもらった。

110828-05.jpg

ダーリンの通った後は草木も生えない。

さらにグランビルアイランドをうろうろしたあとは、
アクアバスでダウンタウンへ。
アクアバスというのは水上バスのことで、
ものすごく小さなポンポン船である。
本数も多くて便利なのだけど、チケットのシステムがわかりづらいし、
意外と路線が多くて船が次々来るので
どれが自分の乗りたい船なのかいちいち誰かに聞かないと行けない。
一応決まったバス停(港?)があるのだが、
外から見て誰も居なかったら飛ばしたり、
あるいは乗船中に突然他の客が「やっぱりあっち行く」
なんて言い出したりしてイレギュラーな運行になったりするので、
私の英語力ではかなりイッパイイッパイ。
(そういう意味では全く英語できない、という人にはおススメしない交通手段かも)

でも船から見るバンクーバーは素敵。

110828-06.jpg

110828-07.jpg

110828-08.jpg

そしてBCプレイスに向かうのだった・・・。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。