mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤの乱れ
2007年04月26日 (木) | 編集 |
今朝9時ごろ地震があった。
この辺は震度3だったらしい。

今日は11時から岡山のエステの予約を入れていたので、
その時間に合わせて駅へ。
フツーに電車が来たので迷わず乗ったが、
アナウンスを聞いたら「ただいまこの電車は37分遅れで・・・」
ということだったので、かなりの遅延が生じていたらしい。
たまたま運良くそのタイミングで電車が来たから予約時間に間に合ったが、
一歩間違えたら間に合わないところだった。よかった~。

岡山でエステのあと、書店に寄ったりデパートに寄ったりして、
駅についたのは3時ごろ。
さーて、帰ってコーヒーでも飲もーっと、
と思っていたのだが、地震から6時間経過しているのに、
まだまだダイヤの乱れが続いているらしい。

ご存じの方はわかる通り、
岡山から倉敷に行くには、山陽本線でも伯備線でもよい。
つまり、先に出るほうに乗ればよいのだが、
なぜかそれぞれホームがまるっきり違うのである。

ちなみに岡山駅は山陽本線・伯備線以外にも
瀬戸大橋線・宇野線・吉備線・津山線・赤穂線があり、
ホームが全部で14ある。
(ただし1~4番線は新幹線である)

さらにややこしいのは、同じ山陽本線でも、
×時×分発の山陽本線は5番線、〇時〇分発の山陽本線は9番線、
と複雑に分かれていること。

・・・とまあ何でこんな話をするかというと。
ダイヤが大幅に乱れるのは自然現象の影響だから仕方ないとは思う。
しかし次に出る倉敷方面への電車は9番線ですよ、といわれ、
実際電車も来てみんな乗り込んでいたのに、突然
「失礼いたしました。次の倉敷方面は5番線の電車が先に発車します」
とアナウンスがあり、みんな慌てて移動させられたのである。
私は大して荷物もないし、健康体だからいいが、
旅行カバンを持っている人、お年寄りはかなり苦労していたようで、
見ていて気の毒になってしまった。
(しかもすぐ発車したのよ!みんな運動会並みに全力疾走したんだから。)

東京でも地震なり人身事故なりで電車がストップすることはあるが、
その後ダイヤの乱れはそんなに長びかなかったように思う。
それはやはり普段からそういう突発的な事態に備えていたり、
あるいはそういう事態になったときにどう対処するかということが、
上から下まである程度は徹底しているのではないかと思うのだ。

今回の岡山駅のように、突っ立っている駅員の数はやたら多くても、
誰も事態を把握できておらず、誰も次の電車がわからないのでは、
利用者の立場からすると完全に「無意味」でしかない。
(無意味だとわかっているので私は駅員につっかかったりしないが、
中には駅員に怒鳴りつけんばかりになっている人もいた。
いやその人に怒っても事態は変わらないと思うよ・・・。)

もう一つ付け加えると、最近微妙な電車の遅れが目立つ。
私はそんなにしょっちゅう電車に乗るわけではないのだが、
それでもほとんど毎回のように、二分なり三分なり、
本当に「微妙に」時間がずれている。

昨日はちょうど福知山線列車事故から丸二年だったが、
いろんな意味で、JR西日本は反省すべきところが多いんじゃないかなあ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。