mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションでの隣近所
2007年05月11日 (金) | 編集 |
数ヶ月前からマンションに移り住んでいる友人が、
「隣の住人がベランダでタバコを吸っているのだが、
窓を開けていると風向きによっては煙が自分の家に入ってくる」
と言っていた。
かなりご立腹の様子で、
「これから夏に向けてますます窓を開けておくことが増えるから、
管理人さんに言って張り紙をしてもらおうかと思って」
とのこと。

私もタバコの匂いがダメなたちだから言っていることはよくわかる。
ウチも全く同じで、隣がやはりベランダでタバコを吸うらしく、
洗濯物を干しているとふわーっと煙が漂ってきて
思わずむせてしまうこともある。

しかし、だからといって
「ベランダでタバコを吸うな」というのは、
ちょっと気の毒な気がする。
向こうは向こうでタバコを吸う権利があるわけだし。

こういうのって、難しいよねえ。

もうだいぶ前だが、我が家の真下の住人がどうやらウーファーを買ったらしく、
深夜にいきなり「ドン、ドン、ドドン、ドン、ドン♪」という
すさまじい重低音が響いたことがある。
マンションを買ったときに会社の人に
「横の音はほとんど聞こえませんが、
上下の音は音域によっては良く聞こえます」
と言っていたのを思い出し、これか・・・とシミジミ。
実際、その「ドン、ドン」という重低音しか聞こえず、
本来の主旋律は全然聞こえなかったものねー。

迷ったが、下の住人もこんなに聞こえているとは知らないのだろうし、
向こうに悪気はないのだろうから、
「聞こえていますよ」とこちらから言わない限りは気づかないだろう。

・・・と思ってなるべく穏やかな文面で手紙を書いてポストに入れたところ、
次の日から重低音がしなくなった。
せっかく買ったウーファーはどうなったのだろうか。ははは。


そういえば以前に読んだ甘糟りり子さんのエッセイで、
「エレキギターを弾けるようになりたい、と思って、
深夜密かに練習すること数日。ある日管理人さんから手紙があり、
夜中に三味線の練習をするのは控えて欲しい、と書いてあった」とか。
苦情云々より「三味線の練習」で力が抜けてエレキギターも手放した、
という話があったなあ・・・。


あ、ダーリンがせっせと書いているGW顛末の続きはコチラね

GW企画 手作り絵ハガキの旅 第2夜~その1
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。