mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと人と素敵な関係になりたい
2007年05月24日 (木) | 編集 |
岡山もいよいよ自動改札が導入されることになった。
岡山駅は既に自動改札になっているが、
我が家の最寄駅も現在工事中で、
来週早々には自動改札に切り替わるらしい。

それでふと思い出したのだが、
東京で自動改札が導入される前、JR東日本がせっせと流していたCM。
(多分20年近く前ではなかろうか)

鈴木保奈美が自動改札を通ろうとして、
切符を一瞬探して、直後に思い出して
帽子にはさんでいた切符を取り出して機械に通す、というCM。

今でこそ「鈴木保奈美」といえば、
美人女優としてほとんどの人に記憶されているところだろうが、
当時の鈴木保奈美は(デビュー直後だったのか)さほど知名度もなく、
イマイチ垢抜けていなかった。
しかもヘンな帽子をかぶっていたりしたものだから、ますます。
このCMをみるたびに、
「この人は・・・きれい・・・なのか?」
と思ったものである。
(デビュー直後の宮沢りえも同様)
それがあれよあれよという間に垢抜けて綺麗になっていったのだから、
私の見る目が全然足りなかったということなのだろう。

最後に出演した(多分)NHKの大河ドラマ、「元禄繚乱」なんて、
鈴木保奈美が画面に出るだけで思わずほーっとため息が出るほどだったもんね。
このドラマに出ていた女優さんたち、
涼風真世とか、鈴木砂羽も充分綺麗なのに、この女優さんたちに
「まるで絵から抜け出てきたような」と
(セリフで)言わしめるのにふさわしいほどの美しさだった。

そういう意味では今回の大河ドラマ、「風林火山」のヒロイン、柴本幸は
私としては
「この人は・・・きれい・・・なのか?」という状態。

ということは、この人もあれよあれよという間に垢抜けて、
綺麗になっていくのかなあ・・・。
期待しとこ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。