mugimiの怠惰な毎日をだらだらとお送りします
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

from Kansai airport
2007年07月11日 (水) | 編集 |
生まれて初めての「ネットカフェ」!

なんかちょっとドキドキするなあ。
せっかくなのでここからブログを投稿したりして・・・。

何で平日の昼間にネットカフェにいるかというと・・・。
実は今、関空なの!
(全然説明になっていない)

以前の日記で
「ダーリンが国際学会でメルボルンに行くのだが、
教室の人が誰も行かず、ダーリン一人で参加する、
というので私も思い切ってついていくことにした」
という話を書いた。

で、今日がそのメルボルン行きの出発日なわけ。
早めにつくように早め早めに・・・と思っていたら、
ものすごく早く着きすぎてしまった。
早く着く分には問題ないかと思ったのだが、
少なくともあと一時間しないとカウンターで受け付けもしてくれないとのこと。

そりゃそうかもね・・・。
夕方6時の飛行機なのに、関空についたのが午後1時過ぎじゃねえ・・・。

で、ダーリンとお昼ご飯を食べた後、
「どうする?」と考えた結果、空港内のネットカフェに行ってみることにした。
ここだったらコーヒーも飲み放題だし(ソフトクリームも食べ放題だし)
ブログの更新なんかもできるし!!

とはいえ入ってみたら雑誌もいろいろあるし、漫画なんかもあるみたいだし、
パソコン使わなくてもかなり時間を使えるかも。

ネットカフェ以外にも空港内はマッサージサロンが二つあって、
「足つぼやりたーい」などと思ったら、
早く着きすぎても全く問題ないかも。
もっとも私がそう言ったら、ダーリンに
「まだこれから行くところなのに今から疲れをとってどうする」
と言われたのだが・・・。

メルボルンはかなり南のほうなので、現在はそこそこ寒いらしい。
平均気温をみると、倉敷の11月あたりの気候だろうか。
着る物を考えて昨日は服を入れたり出したり入れたり出したり・・・。
なにしろ去年の11月にどんな服を着ていたのかよく覚えていない。
さしあたっては少し暖かめのジャケットを一枚持っていくことにしたが、
これでも寒かったら現地で何か買うしかないだろうね。

私は、旅行時に「服の処分」をするたちで、
帰りの荷物を極力減らすべく、どんどん捨ててしまう。
なのでくたびれた服ばかりを持っていくことになり、
旅行中の写真を見ると、どれも貧相なスタイルでいる場合が多い。
今回も事前にくたびれた服をためておいて(!)、一斉放出。
帰りはかなり荷物が減るだろう。
(でもその分現地で買い込む食料品やおみやげがあるからなー)

それと昨日悩んだのは化粧品の数々。
最近気に入って使っている化粧品をそのまま持っていけば何の問題もないのだが、
この化粧品はボトルが大きいのでそのまま持っていくとかさばってしょうがない。
かといって詰め替えするのも面倒である。
(ボトルの形が特殊なうえ、粘性が高いので。)
それに私の旅行時のお楽しみの一つとして
「それまでにためておいたサンプルを一気に使う」
というのもあるので、ここはこまごまとしたサンプルを持っていきたいところ。
けれどサンプルだけじゃ日数に足りないしな~、
とやはり入れたり出したり入れたり出したりしてしまった。
ま、足りなくなったら向こうで探せばいいか♪
(そしてまた荷物が増える)

飛行機の中で読む本も買ったものの、
考えてみたらこちらを夕方でて、香港で乗り換えて、
夜をかけて飛んで向こうに朝につく(時差がほとんどないから)。
そう考えると飛行機の中であんまり夜更かししていると、向こうについてからがツライかな。
眠れるかどうかという問題もあるか・・・。

ま、そんなところで。

18日に帰ってきます。
それまでみなさま、ごきげんよう。

行ってまいります!!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いってらっしゃい
夫婦でメルボルンですか。今は寒いでしょうね。
楽しんできてください。
2007/07/15(日) 10:51:36 | URL | spring #-[ 編集]
帰ってきました~
結構寒かったですが、日本の(少なくとも岡山の)真冬ほどはさむくありませんでした。でもジャケットとマフラーと手袋は必要だったので、帰ってきたら日本が暑くて暑くてしょうがありません。
メルボルンは本当に楽しかったです!!また行きたい!!
2007/07/19(木) 13:38:38 | URL | mugimi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。